茨城県立中央病院–茨城県笠間市 口コミ評価体験談

茨城県立中央病院  茨城県笠間市

住所:茨城県笠間市鯉淵6528
電話:0296-77-1121
診療科目:内科・精神科・神経内科・呼吸器科・消化器科・
     循環器科・小児科・外科・整形外科・形成外科・
     脳神経外科・呼吸器外科・皮膚科・泌尿器科・
     産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・
     リウマチ科・リハビリテーション科・麻酔科
     血液内科・腎臓内科・内分泌科
診療時間:月~金 8:30~11:30(受付時間・科目毎曜日あり)
休診日:土・日・祝

2人目3人目の出産で茨城県立中央病院の産婦人科を受診しました。
一人目は個人病院での出産だったのですが。
切迫早産での経験の後に流産を繰り返した為に
ハイリスク妊婦と言われてしまい
総合病院で出産するように言われてしまい
泣く泣く個人病院から総合病院の中央病院へ…。

スポンサーリンク

総合病院の産科のイメージって流れ作業で助産師さんも冷たく、
お金もかかって、ご飯もまずくて、口うるさそう。
って感じだったけど全くの真逆でした。
まず全く流れ作業では無く
先生との診察は個人病院では考えられないほど
茨城県立中央病院では
毎回毎回しっかりと時間をとって診察してもらえました。
中央病院だからいうのもあるのでしょうが、
風邪、花粉症、腰痛、目眩、耳鳴り、色んな症状が出る度に
それに応じた科に相談してくれたり
診察を回してくれたりしたのでとっても安心でした。
助産師さんもとっても優しく
何でも親身になって相談に乗ってくれました。
2人目3人目とも切迫早産で入院ギリギリの生活でしたから、
毎週毎週通院しましたが入院しないで済んだのは
先生と助産師さんから家族への説明があって
安静に出来たのが一番大きかったと思います。
2人目出産は臨月を迎えることなく
9ヵ月最終日で産まれてしまい2112gの低体重児でしたが
茨城県立中央病院に在中の新生児小児科医が居るため
安心して出産する事ができました。
3人目は家庭の事情で予定日まで待つことが出来なかったため、
生産期に入ったらすぐ産みたかったので相談したところ、
薬を使った計画分娩は出来ないけれども、
卵膜剥離をして先生の力量と私の努力次第では
希望日に産むことも出来ると思うと言われてお願いしました。
卵膜剥離(通称グリグリ)のあと階段を上り下りし、
屋上でスクワットうさぎ飛び、
腰回し、旦那とケンケンパ、決めての足湯ツボ押しをした所
グリグリから7時間後陣痛が来て、3時間で出産しました。
こんなワガママを叶えてもらえるのは
総合病院の中央病院ならではだと思います。
中央病院様々です。
出産費用もほとんど足が出ることなく一時金で賄えました。
ご飯も個人病院ほどではありませんが、
とっても美味しかったです。
去年今年と2回出産したのでお祝い御膳が魚と肉から選べたので
両方食べましたがとっても美味しかったです!
アクアパッツァとステーキから選べましたよ!
茨城県立中央病院の分娩室は
LDRで陣痛分娩回復まで一部屋で過ごせて快適です。
小上がりの部屋とソファーの部屋の二部屋から選べます。
アロマを焚いてくれたり優先が選べたり快適です!!!!
バースプランも忠実に守ってくれます。
産まれる瞬間の動画が禁止な産院も多いですが
茨城県立中央病院はOKでした。
3人目出産の後、入院中はしっかり休みたかったので
同室はほとんどしませんでした。
夜も預かってくれおっぱいの時だけ連れてきてくれました。
起き上がるのもしんどい時は添い乳させてくれました。
搾乳器はメデラの電動と手動の両方がありました。
おっぱいマッサージも退院するまで毎日してもらえたので
おっぱいトラブルはほとんどありませんでした。
病室は全部屋個室でシャワーも部屋に付いてます。
アメニティも着いているので
持ってくるのはこだわりが無ければ
タオルと着圧ソックスだけで大丈夫です。
売店もありますが院内にローソンもあるので突然の入院出産も安心です。
お見舞いが少ない方も安心して入院できます。
退院までに沐浴指導、家族計画指導、床上げまでの生活指導有り。
2週間検診、1ヶ月検診有り。
近くの友部駅からは無料バスが出ています。
食堂のご飯は残念ながら美味しくないですが、
食堂の横のパン屋さんは院内のパン屋ですが
院内で焼いているのでいつでも焼きたてで美味しいですよ!
検診の日はこれを楽しみに診察前の断食に耐えていました。
次も産むなら茨城県立中央病院で産みたいです。

スポンサーリンク