ハートライフ病院–沖縄県中頭郡 口コミ評価体験談

ハートライフ病院  沖縄県中頭郡

住所:沖縄県中頭郡中城村字伊集208
電話:098-895-3255
診療科目:内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・小児科・外科・
     整形外科・脳神経外科・呼吸器外科・皮膚科・泌尿器科・
      肛門科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・
     リウマチ科・リハビリテーション科・麻酔科・
     腎臓内科・人工透析科
診療時間:月~土 9:00~11:30
     月~金 14:00~17:00
休診日:日・祝

一番下の子を妊娠している時に、
32週入った頃に切迫早産で
ハートライフ病院に入院しました。
上の子達もみんな帝王切開で出産で、
今回4回目であることから
張り止めを5ヶ月頃から服用してはいましたが、
まだまだ甘えんぼな子供たちがいるので抱っこしたり、
お散歩連れて行ったり
安静にしている事が難しかったので
入院せざるを…という感じでした。
ハートライフ病院に入院して、
数日後に帝王切開の日程組んだりと
出産に向けて色々説明を受けた時に、
担当になる助産師の方を紹介されました。
日中の巡回も、
だいたいこの助産師さんが来てくれるようになり、
いつも顔を合わせるので会話も出来る様になったころ位でした。

ハートライフ病院は、
夜間診療は救急外来が内科と外科くらいだったので、
産婦人科は当直の方以外みんな帰って居なくなってしまいます。
個室だったのと、
切迫早産の点滴されてる以外は元気だったので
夜に誰かが来てくれることなく、
寂しく過ごしていました。
ある日、
担当の助産師さんがケーキを買って遊びに来てくれたんです。
『暇やろー、いつも笑』という感じで、
ストレス発散に少し話そうか~って事で色々話をしました。

スポンサーリンク

この助産師さんは、
東北出身の方で大きな震災があった時は、外国にいたそうです。
それも、過疎化した感じの村の助産師としてボランティアで。
家族のことが心配で連絡をしても、一切連絡が取れず。
帰りたいけど、現地で診ている患者さんも放っておけない。
そうこうする間に、
1週間ほど過ぎていって東北では行方不明者、
死者数も増えていく始末。
不安は募るばかりでとても怖かったそうです。
そんな時に、1人の患者さんが予定より早く陣痛が来てしまい、
出産になったけど出てこなくて。
何時間もかけて少しづつ少しづつ、
やっと生まれた時の感動は不安な気持ちも吹き飛ばしてくれたそうです。
命はひとつひとつ、とても素晴らしいもので、
その神秘的な儀式に立会い、
協力し、その家族に幸せを届けられる私の仕事は天職だ。
と言っていました。
多分、私にこの話をしてくれたのは
家で待つ家族の心配をして退院させろーと騒ぐ私に、
今回の出産だけに今は集中してね!って
事だったんだと思います。

私がハートライフ病院に入院して1ヶ月がたったころ、
手術予定までまだ3週間もあるのに
お腹の張りが点滴で抑える事が出来なくなり、
陣痛が起こってしまいました。
でも、これまでの傷の部分が薄くなってる為、
子宮破裂の恐れが出てきたため緊急帝王切開になってしまい、
私は看護師さんがバタバタと準備をしてる中、
凄い不安になってきていたんです。
その時にも助産師の方が、話しかけてくれました。
でも、私と目を合わせて会話したり、
フフフと笑いながら体を見ながら話すものだから、
『ん??』と、思い助産師さんを見ていたら、
『ママにどんだけ会いたいんだよ(笑)
でも、もうすぐ会えるからねー。
とっても素敵なママだから、
安心して生まれてきなねー』と言いながら、
私のお腹を擦りながら赤ちゃんに話しかけていたんです。
不安だし、痛いのは私だけでなく、
赤ちゃんも張ってる間苦しいから、
『お母さんたくさん酸素送ってあげてー。
深呼吸して、リラックスー。』と言われ、
助産師さんがそばに居てくれることで
安心しながらオペ室に行くことが出来ました。
オペ後、病室で主人と過ごしていたら赤ちゃんを連れてきて、
私の胸もとに抱かせてくれて、
『もぉ、よく泣く元気な子だこと(笑)
ママにくっついたら寝ちゃってるし、
後から迎えに来るねー』と居なくなっちゃいました。
30分後くらいに戻ってきた時も、
赤ちゃん寝てたので、助産師さんは笑っていました。
『赤ちゃんと居ると、ママは回復が早くなるし、
母乳もよく出るようになるから。
帝王切開だと自然分娩より母乳出始めるの遅いから、
赤ちゃんの泣き声が一番だけど…
スヤスヤってより、爆睡だね』と言いながら、
赤ちゃんまたあとから連れてくるねと言って、
ベビールームに連れていきました。

数日経ち、退院の時に手紙をもらいました。
その手紙には、
「赤ちゃんおめでとう!なによりも、ママさんおめでとう!
パパさん、ありがとう!
ママを幸せにしてくれて、ありがとう!」
と書かれてて、笑いながら泣いてしまいました。
入院から出産まで長い入院の中で、
この助産師さんなしでは耐えられなかったと思います。
精神的にとてもケアしてもらったと思います。
会えるなら、ありがとうともう1度伝えたいです。

スポンサーリンク