河北総合病院(産婦人科)–東京都杉並区 口コミ評価体験談

河北総合病院(産婦人科)  東京都杉並区阿佐ヶ谷

住所:東京都杉並区阿佐谷北1-7-3
電話:03-3339-2121
診療科目:内科 / 神経内科 / 消化器科 / 外科 / 脳神経外科 / 呼吸器外科 / 心臓血管外科 /
      泌尿器科 / 産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / リハビリテーション科

診療時間:月~土 8:30~15:30(受付時間・科目毎時間・曜日あり)
休診日:日・祝

スポンサーリンク

東京都の阿佐ヶ谷にある河北総合病院です。
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分程の所にあります。
私がかかったのは河北総合病院の産婦人科になりますが、
内科や外科の塔とは離れた産婦人科のみの建物となっておりますので、
妊娠中でも色々と安心して通えました。
妊婦健診では、女性の先生が主に診て下さるのでその点もとても安心して通う事が出来ました。
そしてほぼ毎回、健診後に助産師さんからのお話もありますので
先生に聞きそびれた事も聞けますし、
出産までのスケジュールも教えて下さるので、
病院と一緒にお産に向けて頑張りましょうという感じで、とても頼りになりました。
そして、出産予定日が過ぎてもまだ産まれそうになかったので
入院してお産することになりました。
ちなみに、こちらの河北総合病院で出産するのを決めたのは
出産費用が高くないという理由もありました。
入院するにあたり、
お産セットという産後に必要なナプキンや赤ちゃん用のオムツなどが入ったバッグを用意してくれるので
荷物の量もかなり助かりました。
河北総合病院の産婦人科の先生や助産師さんはとにかく話しやすかったので、
分からないことは何でも聞けたし、
必要な事も聞きやすかったのでお産に向けての不安は一切ありませんでした。
陣痛促進剤の点滴をしてみたものの、その日は産まれず次の日にまた点滴をする事になりました。
夜勤の助産師さん達は忙しい中、
どなたも優しかったし親身になってくれました。
入院して2日目、促進剤が効いて陣痛が始まり6時間でお産することが出来たのですが、
途中痛みに自分が弱音を吐いたりしても助産師さんが励ましてくれたのは心強かったです。
主人も一緒に立ち会いの出産が出来たのもどうぞどうぞと、
怖がる旦那の事を邪魔扱いしないで親切にして貰えたらからだと思います。
そして、産声を録音するアルバムまで病院側で用意してくれていたので
助産師さんに泣かしてもらいながら主人が録音した赤ちゃんの産声は、
今でも時々聞いて産まれた瞬間を思い出しています。
動画も撮らせて貰えたし、良かったです。
カンガルーケアも出来たので、初めての抱っこが全く怖くなくスムーズに抱き上げる事が出来ました。
授乳も初めは上手くいかないけど、
助産師さんがちゃんと見てくてたので抱き方のコツや咥えさせ方を教えて貰えたし、
哺乳瓶についての事も聞けて良かったです。
施設も綺麗なので安心して入院生活を送る事が出来ました。
ただ、お祝い膳が冷めてしまっていたのが残念でした。
しかしそれも温め直して下さったので、そこまでしてくれて凄いなと思いました。
それと、産後に足が浮腫むのは避けられずパンパンになってしまい、
足を上げて寝ても治らなかったのですが、
それも助産師さんが良い香りのするお湯でマッサージしてくれたお陰で
次の日からスッキリしてとっても感謝しました。
産後にこんなリラックスタイムが貰えるなんて思っていなかったので感激しました。
それまで入院した事なかったので病院には恐いイメージしかなかったのですが、
全然恐さは感じなかったです。
朝、掃除に入ってくれたり、病院の体制はきちんとしているけど親切なので、
私は河北総合病院でお産出来て本当に良かったと思います。
入院中の授乳室ではママ友も出来ました。
小児科の先生も優しいし、文句なしです。
そして、退院後も希望すればベビーマッサージや離乳食の説明を聞ける会を開いてくれているので、
とても助かりました。
手遊び歌も教えて貰えたので、時々やってみると機嫌良くなるのでとっても良かったです。
どんな細かい疑問にも答えてくれるのは河北総合病院ならではだと思います。
初産なら尚更河北総合病院はお勧めできます
。無痛分娩はしていないですが、どんなお産にしたいのかも聞いてくれます。
2人目授かる事になったなら、ぜひまた河北総合病院でお世話になりたいと思っています。

スポンサーリンク