独立行政法人国立病院機構甲府病院 –山梨県甲府市 口コミ評価体験談

独立行政法人国立病院機構甲府病院   山梨県甲府市(2件)

住所:〒400-8533 山梨県甲府市天神町11-35
TEL:055-253-6131
FAX:055-251-5597

▼診療科
内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/脳神経外科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/リハビリテーション科/放射線科 麻酔科

▼受付時間
初診受付時間)午前8時30分 ~ 午前11時00分
再診受付時間)午前8時20分 ~ 午前11時00分
(再診で予約を取られている方は予約時間前まで)

▼休診日
土~日・祝日

1件目

初めての妊娠で山梨県甲府市にある独立行政法人国立病院機構甲府病院を利用しました。
甲府駅からバスで約10分のところにある病院です。
数年前に新築した建物はとてもきれいです。

先生から「仕事を辞めない限り妊娠は望めない」と言われていたので、まさか妊娠するとは思っていませんでした。
普段から生理不順だったこともあり、妊娠に気付くのが遅くなりました。

妊娠がわかったときは県外に住んでいましたが、初めての妊娠、出産で大変不安でしたので、実家のある甲府市での出産を決めました。
知人の婦人科医、看護婦、総合病院の先生を頼って甲府市内の産婦人科を当たりました。
高齢ということもありましたので、できれば総合病院での出産を希望しましたが、どこも「空きがありません」「10カ月先まで予約でいっぱいです」といった答えでした。
それでも手を尽くしていただき、なんとか独立行政法人国立病院機構甲府病院で診察していただけることになりました。
それから住所変更を行い、母子手帳をもらっていざ初診察です。

不安で胸が張り裂けそうな状態でしたが、先生の口から出た言葉は
「今まで何やっていたの?」
「今から出産できると思っているの?」という言葉でした。
先生の立場からしたら当たり前の言葉だったと思いますが、少しでも安心させてくれる言葉を言ってくれると思っていた私にとっては大変ショックでした。
なんとか我慢しながら診察や検査を重ねると、至急再検査が必要とのことでした。
状況によっては入院も必要でしたが、どうしても病院に行く気持ちになれず、病院から足が遠のきました。
しばらくすると、看護師さんから自宅へ電話があり、病院へ行かれなくなった理由を聞いてくれました。
先生を代えるというご提案をいただき、再度病院へ通うようになりました。
それからすぐに入院。
血圧と血糖値が高いということで、インスリン注射と食事療法を行いました。
国立病院機構甲府病院の看護師さんはとても明るく親切でしたので、入院の不安がどんどん少なくなりました。
外来の時は怖かった先生もにこやかに回診されていましたので、
こちらが先生の本当の姿なのだろうと思います。
内科の先生にも診ていただきながら一日何度も血糖値と血圧を測定したり、子供の心電図をとったりという日々が二週間ほど続いたとき、先生に呼び出されました。
子供の心音がときどき止まってしまうので、明日にでも手術をしたいといわれましたが、結局二日後に帝王切開の手術をすることになりました。
先生の話の直後、不安な気持ちを和らげようと看護師さんが一緒にいて話してくださって安心しました。
執刀医、麻酔医先生方、手術室の看護師の方が代わる代わる説明に来てくれてとても心強い思いがしました。
当日は当初予定されていた外科手術が急きょ中止になったため、二時間繰り上がっての手術になり、看護師さんも準備に追われていました。
麻酔を行い、予定通りに手術が終わりました。
予定よりも三週間近く生まれたので未熟児でしたが、大きな声で泣いている姿にほっとしました。
子供はNICUで保育器に入っていましたので、一日に何度か授乳に行きました。
手洗い、消毒を丁寧に行い、腕時計なども持ち込まないよう注意しました。
小児科の先生方、NICUの看護師さんたちもとても親切で、授乳の仕方やお風呂の入れ方など丁寧に教えてくださいました。
私は七日、子供は一カ月の入院を経て無事に退院することができました。
子供はNICUではとても泣き虫で、看護婦さんの手を煩わせていたようです。
その後も定期検診や予防接種でに伺いましたが、先生方も看護師さんも優しく対応してくださいました。
先生には泣き虫だったことをからかわれていましたが。
私のミスで初診が遅くなってしまいましたが、それでも懸命に診てくださった独立行政法人国立病院機構甲府病院の先生方、看護師さん方に感謝しています。

スポンサーリンク

2件目

第一子の妊娠を機に、田辺産婦人科へ通い始めました。
自宅から一番近い産婦人科だった事、主人の休みが木曜日で他の産婦人科は木曜休診が多かった中、田辺産婦人科は木曜日も診察をしていた事が決め手でした。
初診の時は電話をしてから行ったのですが、電話に出てくださった受付の方はすごく優しく丁寧に質問に答えてくださいました。
初診では事前受付ができなかったですが、病院に着いて帰るまで1時間くらいで済みました。

田辺産婦人科は2棟あります。
外来と入院の2棟です。
外来の中に入ると受付の前に待ち合いのソファーが並んでいます。
通っていて満員で座れなかったことはありません。
旦那さんと一緒に来ている人もたくさん居ます。
スリッパも男性用が用意されていました。
兄妹が居る人用に、畳の子どもスペースが用意されているので待ち時間も楽しそうに遊ぶ声が聞こえてきます。
全ての設備がとても清潔感があり綺麗です。
ピンクが主に使われているので、検診の前の緊張も落ち着いた空間に居ると和らぎます。

初診の受付の祭に、予約カードが渡されます。
その場で当日の受付を機械で行います。
それ以降は、受付前の機械か田辺産婦人科のサイトから予約ができるようになります。
予約カードの上に書いてある番号が受診番号になっていて、中待ち合いに呼ばれる時と会計の時に画面に番号が表示されるので非常に分かりやすいです。
一般的な病院のように名前が呼ばれるのは中待ち合いに入って診察へ行くときだけなので、院内はすごく静かでゆったりしています。

田辺産婦人科の院長先生は、ユーモアがあって面白い男の先生です。
ネットの口コミを見ると怖いと言われているようですが、エコーを見る度「かわいいね、手を挙げているね」など笑顔で教えてくれます。

田辺産婦人科で行われる母親学級では、実際にあった話しを交えて様々なことを教えてくれました。
いけない事はいけないと言いますが、院長先生が母親の事を考えた上でストレスになるくらいならいいよと優しく許してくれる事もあります。

入院する際に使用する部屋も綺麗で、大部屋と言っても大学病院のような大部屋ではなく、それなりに壁で区切られているので落ち着いて過ごす事ができます。

不安に思っていることは、何でも答えてくれるので安心して毎回の検診を終える事が出来ました。
赤ちゃんのことを考えてくれるのはもちろん、母親の事もすごく考えてくれます。
私は田辺産婦人科に通ってよかったなと思っています。

スポンサーリンク