河内総合病院(産婦人科)–大阪府東大阪市 口コミ評価体験談

河内総合病院(産婦人科)  大阪府東大阪市

住所:大阪府東大阪市横枕1-31
電話:072-965-0731
診療科目:内科 / 呼吸器科 / 消化器科 / 循環器科 / 小児科 /
     外科 / 整形外科 / 形成外科 / 脳神経外科 /
     心臓血管外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 産婦人科 /
     眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 / 内分泌科
診療時間:午前 月~土 8:30~11:30
     午後 月~金 12:30~15:30
休診日:日・祝

結婚で東大阪市に越してきました。
河内総合病院は自宅から自転車で10分もかからないくらいで、
徒歩でも遠いとは感じない距離なので
何かあった時はここへ通おうと決めておりました。
最初にかかったのは産婦人科です。
東大阪市からの子宮頚がんの検診のお知らせが届いて、
河内総合病院も検診のできる対象の病院だったので行ってみました。
待合室は静かでオルゴール調のヒット曲が流れています。
待合室の中に広々とした鏡のあるトイレも2つあるので安心です。
産婦人科の待合室は、むき出しではなくて
、受付を過ぎると扉があり、
そこを開けると待合室と診察室があります。
その扉を閉めると
プライバシーが守られているような感じがして安心できます。
診察室は4.5つあり、最初に呼ばれると、
看護師さんとのカウンセリングがあります。
それが終わるともう一度呼ばれるまで待ち、
別の診察室へ行き、先生の診察があります。
最初に看護師さんに、気になる事を聞いてもらって、
看護師さんからも先生へ伝えてもらい、
より気持ちを汲み取ってもらった状態で
診察に臨めるのがいいと思います。

スポンサーリンク

子宮頚がん検診のあとしばらく経って生理前後のイラつきにより
感情のコントロールが出来ないのでピルをもらおうと思い、
再び河内総合病院の産婦人科へ行きました。
ピルは飲んだことはなく、
ネットでピルを飲むという手もあると書いてあったので
よく分からないままピルを貰いに産婦人科へ行きました。
まず始めの看護師さんとのカウンセリングで、
生理前後の感情のコントロールができない話を細かく聞いていただいて、
そのあとピルが欲しいという旨を伝えたのですが、
看護師さんはピルは飲ませたくない。と言いました。
ピルに頼らずに、お笑いのビデオなんかをみて、
趣味に没頭したりして解決して欲しいと言います。
私はそんな事は散々やって来たんだと思いましたが、
ピルは飲ませたくないという一言が、
なんだか私に対する思いやりのように思えて悪い気にはなりませんでした。
それから先生の診察へ行った時は
カウンセリングしてくれた看護師さんもいてくれて、
先生に事情をより分かりやすく説明してくれました。
ピルの代わりに、漢方を処方してくれました。
診察が終わって、待合室にいると、
また別の看護師さんが私のところへ来て、
私の知り合いもイライラしてどうしようもなかったけど、
漢方を飲んだら良くなっていったのよという話を
わざわざしに来てくれました。
産婦人科全体穏やかで、
受付の方、看護師さん、先生みなさんがほんわかした雰囲気があります。

その後妊娠し、
妊婦健診も河内総合病院の産婦人科へ通いました。
臨月の時に足を滑らせ自宅で頭を打ったのですが、
それから徐々に頭痛とめまいで歩くことも困難だったため、
健診を別の日にしてもらおうと電話をしたら、
今すぐ病院に来るように言われ、
産婦人科から脳の科の方へ手配してくれて
MRIをその日に撮ってもらいました。
体調も悪いのに来てくれてありがとうね、と
温かい一言もかけていただきました。
妊婦さんだとレントゲンはダメだけどMRIなら撮れるからね、
方法は色々あるから相談してねと言ってくれて
気遣いが嬉しかったです。
頭を打った脳の方は何ともなかったのですが、
めまいからの食欲不振により一週間ほどジュースしか口にしてなかったので、
MRIの他に点滴も打ってもらい、
点滴が効いたのがその後徐々に回復していきました。
出産もこの産婦人科で行い、
出産後に私の身体に不調が出て大部屋の予定でしたが、
2人部屋に移動することになりました。
2人部屋と言っても、私の他に利用している人がいなかったので
1人でゆっくりと過ごす事ができました。
3日ほど入院が長引いたのですが、
色々と優しく声をかけていただいてケアしていただきました。
退院後は子供の健診でお世話になっております。
河内総合病院の産婦人科のみなさんは優しくてとても感謝しております。

スポンサーリンク