川崎市立多摩病院(産婦人科)–神奈川県川崎市 口コミ評価体験談

川崎市立多摩病院(産婦人科)  神奈川県川崎市(2件)

住所:神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
電話:044-933-8111
診療科目:内科・精神科・神経科・神経内科・呼吸器科・
消化器科・胃腸科・循環器科・小児科・外科・
整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・
心臓血管外科・小児外科・皮膚科・泌尿器科・
産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・
アレルギー科・リウマチ科・リハビリテーション科・
麻酔科・歯科口腔外科
受付時間:初診
月~金曜日 午前8:30~11:00
土曜日 午前8:30~10:30
再診
月~金曜日 午前8:30~11:30
土曜日 午前8:30~11:00
休診日:第1.3土・日・祝・年末年始

1件目

神奈川県川崎市にある川崎市立多摩病院は、
小田急線、南武線の登戸駅からすぐです。
駅のエスカレーターを降りると、
すぐに多摩病院の敷地内になります、
敷地内は、遊歩道のようになっていて、
一部屋根もついています。

私は、子宮筋腫の治療の為に、川崎市立多摩病院に通院していました。
健康診断で貧血の数値が低く、
再検査と婦人科の受診を勧められました。
実は、最初は、他の産婦人科に通っていましたが、
症状がなかなか改善されず、
日常生活に支障をきたすようになってしまいました。
以前、主人が多摩病院に通院していた時、大変丁寧にかつ、
しっかりと診ていただいたのを思い出し、
意を決して、紹介状なしで、多摩病院を受診しました。

川崎市立多摩病院は、基本的には紹介状が必要です。
また、予約診療でもあるのですが、
多少待つのは覚悟で病院に行きました。
産婦人科に限らず、だいたいどの科でも、
初診時は、簡単な問診票に記入して、
受付をし、受付票をもらい、
待合室で自分の番号が表示されるのを待ちます。
看護師が受付時に書いた問診票をもとに、
症状の聞き取りをしてくれます。
他の患者さんに聞かれないように配慮しながら、
患者が不安感を持たないようにも配慮しつつ、
丁寧に聞き取りをしてくれました。
看護師の聞き取りが終わり、
しばらくすると自分の番号が表示され、
中にある診察室の前の待合室に入ることになります。
中の待合室では、診察して下さる先生が
名前と診察室番号をマイクでアナウンスして下さるので、
心配なく待っていられます。
私の場合、婦人科でしたので、中の待合室に入る時、
血圧も事前に測るように指示がありました。
診察室も待合室もとても清潔で落ち着いた雰囲気でもあります。
内診台も清潔だし、
診察中や身支度中に目が合わないような配慮がされていて、
不安感を感じずに診察していただけました。
子宮筋腫でしたので、
診察の他に、血液検査やMRIなどの検査もしましたが、
どこに行っても、とても丁寧な対応をして下さり、
とても安心して検査を受けることができました。
半年ほど、月に一回のペースで診察をしていただき、
薬の治療法をとりましたが、
結果としては、手術をしました。
子宮と卵巣をとりました。
一週間の入院でしたが、病棟も綺麗で清潔、
しかも病棟の看護師の方達は、とても明るく、丁寧でした。
診察して下さった先生も不安なく治療に向かえるように、
一つ一つを丁寧に細部にわたってわかりやすく説明して下さいましたし、
手術に際しても、麻酔医や薬剤師の説明や聞き取りがあり、
とても安心して手術をお願いできました。
退院前には、看護師から、退院後の生活の注意点の説明もあり、
心配なく退院をしました。
また、退院後、少しでも不安があったら
いつでも電話をして良いと言われました。
実際、出血の様子が不安になり、電話で問い合わせもしました。
産婦人科は、だいたい先生が病棟にいるとのことでした。
電話で不安点について話すと、
すぐに病棟の先生につないで下さり、先生に症状を説明し、
先生からはきちんと適切な対応をしていただけました。
手術後の診察は、一月に一度からだんだん三か月に一度になり、
半年に一度から、一年に一度になりました。
現在は、手術後に関しての診察はなくなりました。
諸事の対応が適切かつ丁寧で、患者の不安感にも理解があり、
不安感を感じないような配慮と雰囲気にあふれているように思いました。
知人が婦人科を受診したいという相談を受けた時に、
川崎市立多摩病院の婦人科を勧めたくらいです。
また、婦人科だけではなく、
他の診療科も同じような配慮と対応をして下さっているように感じました。
川崎市立なので、入院費もお支払いし易い額でした。
とても良い病院が家の近くにあって、これからも安心です。

スポンサーリンク

2件目

妊娠が分かり5ヶ月目までは別のクリニックに通っていましたが、分娩が出来ないため、総合病院である川崎市立多摩病院に通い始めました。
家が近いのもありますが、多摩病院は川崎市民なら分娩費用もお安いようでしたし、総合病院の為何かあった時にも安心かと思い決めました。
登戸駅からすぐで、雨が降っていても屋根が付いている道を通れば着くので濡れません。

初めて行く場合は紹介状が必要です。
わりと新しい病院なので院内はどこも綺麗にされています。
予約制なので時間は指定がありますが、混み合っているので毎回1時間以上は待ち時間がありました。
しかし院内にはドトールもありますので時間つぶしは出来ます。
待合室の上のほうに番号が表示されると中待合室に入り、名前を呼ばれ診察です。

中待合は婦人科の診察待ちの人のみなので、名前で呼ばれても問題ないと思いますが、待合室は隣りに別の科もあるので画面に番号のみの表示なので、個人情報など気にされる方も安心かと思います。
中待合いには授乳スペースやおむつ替えが出来るスペースがあります。

先生も助産師さんも丁寧で優しい方が多かったです。
エコー写真は毎回3枚くらいくれましたが、多摩病院には3Dや4Dがなかったのが残念でした。
あと、基本的に診察室に誰かと入る事が出来ないのでエコーなどを旦那さんと一緒に毎回見たい方はあまりオススメ出来ないかもしれません。
(でも1回だけ超音波検査の付き添いOKという日がありました)

内診の時はカーテンがありますし、お腹にはタオルを掛けてくれるので恥ずかしさは少し軽減します。
検診の終わりには、『質問はありますか?』と聞いてくれるので安心です。

私は血液型がRhマイナスで特殊だったので、胎児への影響や出産時の大量出血などで血液が足りなかったりしたらどうしようと不安もあったのですが、先生が事前にしっかりと検査や説明をしてくださったので安心して出産に臨めました。
血液検査も何度もしましたが苦手なのですが痛くなく上手でした。

診察が終ると、看護士さんにファイルを渡され、総合受付の会計に持っていきます。
支払は機械で精算です。
機械にカードを通すと金額が表示されるので支払をして終了です。
会計は様々な科の患者さんが待っているので人が多いですが、会計自体は機械で自動でやるので比較的スムーズかと思います。

出産自体は中々大変でしたが、産後のサポートもしっかりしてくれたので多摩病院をお勧めします。

スポンサーリンク

独立行政法人国立病院機構甲府病院 –山梨県甲府市 口コミ評価体験談

独立行政法人国立病院機構甲府病院   山梨県甲府市(2件)

住所:〒400-8533 山梨県甲府市天神町11-35
TEL:055-253-6131
FAX:055-251-5597

▼診療科
内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/脳神経外科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/リハビリテーション科/放射線科 麻酔科

▼受付時間
初診受付時間)午前8時30分 ~ 午前11時00分
再診受付時間)午前8時20分 ~ 午前11時00分
(再診で予約を取られている方は予約時間前まで)

▼休診日
土~日・祝日

1件目

初めての妊娠で山梨県甲府市にある独立行政法人国立病院機構甲府病院を利用しました。
甲府駅からバスで約10分のところにある病院です。
数年前に新築した建物はとてもきれいです。

先生から「仕事を辞めない限り妊娠は望めない」と言われていたので、まさか妊娠するとは思っていませんでした。
普段から生理不順だったこともあり、妊娠に気付くのが遅くなりました。

妊娠がわかったときは県外に住んでいましたが、初めての妊娠、出産で大変不安でしたので、実家のある甲府市での出産を決めました。
知人の婦人科医、看護婦、総合病院の先生を頼って甲府市内の産婦人科を当たりました。
高齢ということもありましたので、できれば総合病院での出産を希望しましたが、どこも「空きがありません」「10カ月先まで予約でいっぱいです」といった答えでした。
それでも手を尽くしていただき、なんとか独立行政法人国立病院機構甲府病院で診察していただけることになりました。
それから住所変更を行い、母子手帳をもらっていざ初診察です。

不安で胸が張り裂けそうな状態でしたが、先生の口から出た言葉は
「今まで何やっていたの?」
「今から出産できると思っているの?」という言葉でした。
先生の立場からしたら当たり前の言葉だったと思いますが、少しでも安心させてくれる言葉を言ってくれると思っていた私にとっては大変ショックでした。
なんとか我慢しながら診察や検査を重ねると、至急再検査が必要とのことでした。
状況によっては入院も必要でしたが、どうしても病院に行く気持ちになれず、病院から足が遠のきました。
しばらくすると、看護師さんから自宅へ電話があり、病院へ行かれなくなった理由を聞いてくれました。
先生を代えるというご提案をいただき、再度病院へ通うようになりました。
それからすぐに入院。
血圧と血糖値が高いということで、インスリン注射と食事療法を行いました。
国立病院機構甲府病院の看護師さんはとても明るく親切でしたので、入院の不安がどんどん少なくなりました。
外来の時は怖かった先生もにこやかに回診されていましたので、
こちらが先生の本当の姿なのだろうと思います。
内科の先生にも診ていただきながら一日何度も血糖値と血圧を測定したり、子供の心電図をとったりという日々が二週間ほど続いたとき、先生に呼び出されました。
子供の心音がときどき止まってしまうので、明日にでも手術をしたいといわれましたが、結局二日後に帝王切開の手術をすることになりました。
先生の話の直後、不安な気持ちを和らげようと看護師さんが一緒にいて話してくださって安心しました。
執刀医、麻酔医先生方、手術室の看護師の方が代わる代わる説明に来てくれてとても心強い思いがしました。
当日は当初予定されていた外科手術が急きょ中止になったため、二時間繰り上がっての手術になり、看護師さんも準備に追われていました。
麻酔を行い、予定通りに手術が終わりました。
予定よりも三週間近く生まれたので未熟児でしたが、大きな声で泣いている姿にほっとしました。
子供はNICUで保育器に入っていましたので、一日に何度か授乳に行きました。
手洗い、消毒を丁寧に行い、腕時計なども持ち込まないよう注意しました。
小児科の先生方、NICUの看護師さんたちもとても親切で、授乳の仕方やお風呂の入れ方など丁寧に教えてくださいました。
私は七日、子供は一カ月の入院を経て無事に退院することができました。
子供はNICUではとても泣き虫で、看護婦さんの手を煩わせていたようです。
その後も定期検診や予防接種でに伺いましたが、先生方も看護師さんも優しく対応してくださいました。
先生には泣き虫だったことをからかわれていましたが。
私のミスで初診が遅くなってしまいましたが、それでも懸命に診てくださった独立行政法人国立病院機構甲府病院の先生方、看護師さん方に感謝しています。

2件目

第一子の妊娠を機に、田辺産婦人科へ通い始めました。
自宅から一番近い産婦人科だった事、主人の休みが木曜日で他の産婦人科は木曜休診が多かった中、田辺産婦人科は木曜日も診察をしていた事が決め手でした。
初診の時は電話をしてから行ったのですが、電話に出てくださった受付の方はすごく優しく丁寧に質問に答えてくださいました。
初診では事前受付ができなかったですが、病院に着いて帰るまで1時間くらいで済みました。

田辺産婦人科は2棟あります。
外来と入院の2棟です。
外来の中に入ると受付の前に待ち合いのソファーが並んでいます。
通っていて満員で座れなかったことはありません。
旦那さんと一緒に来ている人もたくさん居ます。
スリッパも男性用が用意されていました。
兄妹が居る人用に、畳の子どもスペースが用意されているので待ち時間も楽しそうに遊ぶ声が聞こえてきます。
全ての設備がとても清潔感があり綺麗です。
ピンクが主に使われているので、検診の前の緊張も落ち着いた空間に居ると和らぎます。

初診の受付の祭に、予約カードが渡されます。
その場で当日の受付を機械で行います。
それ以降は、受付前の機械か田辺産婦人科のサイトから予約ができるようになります。
予約カードの上に書いてある番号が受診番号になっていて、中待ち合いに呼ばれる時と会計の時に画面に番号が表示されるので非常に分かりやすいです。
一般的な病院のように名前が呼ばれるのは中待ち合いに入って診察へ行くときだけなので、院内はすごく静かでゆったりしています。

田辺産婦人科の院長先生は、ユーモアがあって面白い男の先生です。
ネットの口コミを見ると怖いと言われているようですが、エコーを見る度「かわいいね、手を挙げているね」など笑顔で教えてくれます。

田辺産婦人科で行われる母親学級では、実際にあった話しを交えて様々なことを教えてくれました。
いけない事はいけないと言いますが、院長先生が母親の事を考えた上でストレスになるくらいならいいよと優しく許してくれる事もあります。

入院する際に使用する部屋も綺麗で、大部屋と言っても大学病院のような大部屋ではなく、それなりに壁で区切られているので落ち着いて過ごす事ができます。

不安に思っていることは、何でも答えてくれるので安心して毎回の検診を終える事が出来ました。
赤ちゃんのことを考えてくれるのはもちろん、母親の事もすごく考えてくれます。
私は田辺産婦人科に通ってよかったなと思っています。

越谷市立病院–埼玉県越谷市 口コミ評価体験談

越谷市立病院  埼玉県越谷市(3件)

所在地:越谷市東越谷十丁目47番地1
電話:048-965-2221

▼診療時間
新患の方 午前8時30分~午前11時
再診の方・予約のない方 午前8時~午前11時
予約のある方・予約票の時間 (午前8時から午後5時まで)

▼外来診療科目
内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産科・婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科

1件目

埼玉県越谷市にある越谷市立病院の産婦人科にかかりました。
越谷駅からバスまたはタクシーで約10分ほどで到着します。
私は最初はタクシーで行っていたのですが、わりとバスの本数が多いのでバスをおすすめします。
また、南越谷、せんげん台からもバスが出てるようです。

第一子は当時都内に住んでいたので、都内で出産したのですが、
第二子の時は越谷の近くに引っ越したので、
前回も総合病院だったこともあり子どもを産むなら何かと安心かなという理由で越谷市立病院を受診しました。

2階に産婦人科はあり、受付と待合の距離が近く少し圧迫感があるかなーといった印象でした。
婦人科もあるので毎回、結構混んでいました。
越谷市立病院の先生は丁寧で良く診てくれるのですが、
女医さんがわりとサバサバしているので、
産婦人科の女医さんに期待する優しいイメージを求めるのであれば少し面食らうかもしれません。
男性医師の方が対応はおだやかで優しい印象でしたが、
やはり女医さんの方が内診が上手だったので、結局女医さんの日に合わせて検診に行っていました。
実際の出産の時も、たまたま検診の時の先生が当直でいらっしゃったので安心してお産に臨めました。
会陰切開したのですが、縫うのも早く全然痛みを感じませんでした。

看護師さん(おそらく助産師さんと兼ねていると思います。)は、
とても優しい人とクールでドライな感じの人がいます。
私自身、妊娠初期はあまり悪阻が重いタイプではなく特に気にならないやりとりも、
妊娠後期はナーバスになりやすいタイプだったので、
検診の外来の際は、もう少し気をつけて優しくしてもらえたらなーなんて思いました。
バースプランなども一緒に考えたりできるのですが、
その時の助産師さんが、産後の時の入院の時もいたので、
実際はこんな感じのお産でしたー!などと話せて嬉しかったです。
出産の時の助産師さんはとてもリードがうまく、
私は2人めということもあってか、かなりのスピード出産だったのですが、するっと産めた!って感じでした。
ただ、スピード出産のせいか胎盤を出すのが大変でしたが、
ゆっくりゆっくり出してくれて、出産を2回しているような痛みなのですが、
うまく痛みを逃がすように声がけをしてくれました。
立ち会い出産もでき、夫に立ち会ってもらいました。
赤ちゃんをお腹に乗せてカンガルーケアができ、助産師さんが、赤ちゃんと夫と私の写真を撮ってくれました。
その写真は今でも手帳に入れて大事にしています。
越谷市立病院での入院時の対応はとても優しく、
退院時も先ほどの写真と立ち会った助産師の手紙をいただき感激でした。
入院時がとても良かっただけに、外来とだいぶ違うなー外来はやっぱり忙しいからなのかなーなんて思いました。

設備は外来は特に古い印象でした。
以前、子宮頸がんの検診で近くの婦人科にかかったことがあるのですが、
内診台はもう少しきれいだったけどなーと思ってしまいました。
最後、退院の前に病棟で内診した時は内診台もきれいで、
処置室も明るい印象だったので、外来もこれくらい設備が良ければいいのになと思いました。

料金に関しては自治体の助成で収まる範囲なので出産でかかるのならば、
越谷市立病院は個人の産院に比べてリーズナブルだと思います。
会計は平日ならわりとすぐ呼ばれるので、そんなに待つことはありませんでした。

外来の時は正直、ちょっと出産不安だな・・などと思っていたのですが、
実際出産を経てみると、先生も助産師さんも一生懸命やってくださって、
ここで産めて良かったなと思いました。
さすがにもう出産の予定はないのですが、
婦人科を併設してるので、がん検診や婦人科系のトラブルの時などまた利用したいと思います。
また、ママ友などが妊娠した時にも越谷市立病院良かったよーなどとおすすめしています。

2件目

越谷市立病院は埼玉県越谷市にある総合病院です。
最寄り駅からバスもしくはタクシーでの利用となります。
私自身は自身の最寄り駅から約10分で通っていました。
妊婦検診・出産のため2016年7月~2017年5月まで通院していました。

地元が三重県ではあるのですが、在住地である越谷市で出産した方が何かと便利で楽であると考え、こちらの病院にしました。
市内の病院やクリニックなど色々口コミを見て病院を探していましたが、初めての出産であったため、何かあった時の対応を考え総合病院で探したところ、「越谷市立病院」「独協越谷病院」の二つに絞り、最終的には初診から紹介状なしで対応可能であった越谷市立病院に決めました。
院内は格別綺麗といったわけではないのですが、特に不都合なく利用できる状態です。
婦人科と産科の外来は同じ階の隣にあるため、妊婦検診や産後検診、婦人科検診の方など若い方から年配の方まで待合にはいました。
2回目から予約制になるため、予約の15~20分前から受付し、呼ばれるまでの時間は平均30分から長くて1時間ほどです。
曜日は当日の状況、担当の先生などによって混み具合は異なります。
最初数回は婦人科に通い、産科になるのですが、最初4回目くらいまでは毎回先生が違いました。
なんとなく同じ先生がずっと見てくれるイメージだったため、少し残念ではありました。
途中からは曜日固定で先生も指定して予約を取り始めたため、産後まで同じ先生にはなりましたが、総合病院ということもあって、毎日相当な数の外来をされています。
そのため、自身と赤ちゃんのことを色々気にかけてくれて、情報を網羅してくれているといった雰囲気ではなく、妊娠週数や状況、性別など都度確認されながらコミュニケーションを取っている感じでした。
先生と近い距離で診察を受けサポートを受けたいといった方は、産院やクリニックの方が合っているんだなと感じました。
私自身は割り切って出産と産後ケアがしっかりしたところを優先したため、特に不満はなく通院できました。

出産について。予定日を5日過ぎた日の夕方に入院、6日目に生まれました。
自宅での陣痛時間が長く、病院に入院できた時には体力がなく疲れきっていたのですが、助産師さんの声かけやサポートがとてもよかったです。
LDRという陣痛から分娩まで一貫して同じ部屋に入るため、周りの人を気にせず、私と主人、助産師さんだけの空間で安心して出産にのぞめました。
入院から12時間かかりましたが、無事出産。
元気な赤ちゃんが生まれましたが、少し呼吸が荒く不安が残ったため、すぐに小児科の先生が来てくれて対応していただきました。
こうした対応は総合病院だったからこそだと改めてこの病院にしてよかったと感じた瞬間でした。

産後の入院生活について。
この病院は、大部屋(3.4人~5.6人)、個室部屋(+料金)を事前に選んでおくのですが、私は大部屋を希望していました。
たまたま3人部屋が空いていたのでそちらの部屋に入りました。
もう1名入れて2名部屋となり、その方が退院された日は3人部屋で一人といった個室感覚で過ごせました。
部屋もカーテンで仕切られ個人スペースも十分にあったので、大部屋で全く不自由なかったです。
毎日助産師さんが朝担当につき、日中数回母乳の飲ませ方やどれくらい飲めているかのチェック時間があります。
それ以外は何度か来ていただき質問出来たり、子どもの各種検査の時間です。
私自身わりとおおざっぱで細かい不安などはないタイプだったので、毎日朝と夜の助産師さんが変わり、同じことの繰り返しだったので少し面倒に感じましたが、色々と質問できたり相談できる助産師さんたちなので安心だと思います。
朝8時の朝食の時は約30分~40分赤ちゃんを預かってくれるので、その時間は一人でゆっくり食事と自由時間がありリラックスできる時間でした。
越谷市立病院は母子同室の病院なので、朝6時に出産して2時間休んでから病室に行くとすぐ赤ちゃんが運ばれてきました。
そこからずっとお世話がスタートします。
陣痛から出産も長く体力ゼロ、気力ゼロの状態で母子同室をスタートさせるのは想像以上にしんどかったです。
半日だけでも一人で休める時間があれば嬉しかったです。
(お願いすれば預かってくれるのかもしれませんが)

食事について。
可もなく、不可もなく、病院食といった感じです。
3日目にお祝い膳として魚の丸焼きと豪華めのおかずが出たくらい。
芸能人などがブログであげているような、おしゃれなフルコースを希望されるのではあれば、クリニックでですかね。
1階にデイリーヤマザキがあるので足りない分はそこで買い足して食べられます。
旦那さんやお見舞いの人に差し入れを買ってきてもらっても良いですね。

私自身は総じて満足のいく出産となったため、次また妊娠できることがあれば、また越谷市立病院さんにお世話になろうと思います。

3件目

自宅から近くて通い易く、インターネットでの評判も良かった越谷市立病院に通い始めました。
越谷市立病院は総合病院で多くの方が利用されるので、周辺に3か所ある駐車場は、午前中はほとんど満車状態です。駐車場待ちの渋滞が見られることもしばしばです。最寄りの越谷駅や、一つとなりの南越谷駅からは、越谷市立病院経由のバスも多く出ているので、公共交通機関を利用されることをお勧めします。
病院自体も毎回混んでおり、初診や再診の場合は長くて3時間近く、予約をしていても2時間近く待つことがあるので、お仕事の合間に来ている方や、病院の後に予定のある方は注意が必要です。

越谷市立病院の産婦人科は、産科と婦人科に分かれていますが、診察室が隣同士になります。待合室は診察室前の廊下で、ずらりとソファーが2列に並んでおり、常に人でいっぱいです。ソファーの2列目は少し窮屈に感じました。その廊下は、産科・婦人科を利用する方以外の方も多く通ります。時間によっては常に人通りが絶えない感じなので、病院に通いたての頃は少し気になりました。
妊婦さんは、初期の初めの頃は婦人科を受診します。心拍が確認できて、母子手帳を貰ってくるように指示されると、次回からは産科を受診するようになります。
担当医師は曜日によって変わります。男性の先生もいますが、皆さんとても優しかったです。些細なこのでも相談に乗ってくれたり、「出産後は○○に当分行けなくなるから、安定期入ったらぜひ行ってみて!」とプライベートの楽しみ方も提案してくれたりしました。
超音波検査の際のエコー写真は毎回貰えますが、先生によって貰える枚数が違いました。
別料金になりますが、3D・4Dエコーで立体的に赤ちゃんの様子を見れたり、超音波検査を動画でDVDに焼いてくれるサービスもあります。
また、越谷市立病院では、3度胎児スクリーニング超音波検査を必ず受けることができます。別の産婦人科では希望者のみしか受けることができなかったので、よかったです。
病院の予約は、診察の最後にすることができます。体調不良や急な用事で予約した日に行けなくなった場合、電話でキャンセルをすることが可能ですが、再予約は電話口では出来ず、再診扱いになってしまうのが残念に感じました。

越谷市立病院で出産される方向けの産前学級が妊娠中期と後期に二度あります。中期に受けられる一回目では、週数の近い妊婦さんと交流しながら、栄養のことや妊婦体操のやり方を教えてもらえます。後期に受けられる二度目の産前学級では、越谷市立病院でお産をする時の話を聞いたり、実際に分娩室や病室を見学させてもらえます。

越谷市立病院は、初めはザ・総合病院という感じか思い不安でしたが、とても妊婦さん想いで、先生も助産師さんもとても親切で、安心して通うことができました。

紀南病院(産婦人科)–和歌山県田辺市 口コミ評価体験談

紀南病院(産婦人科)  和歌山県田辺市

住所:和歌山県田辺市新庄町4670
電話:0739-22-5000
診療科目:内科・神経科・精神科・神経内科・胃腸/消化器科・
     循環器科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・
     呼吸器科・心臓血管外科・小児外科・泌尿器科・
     産婦人科・産科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・
     リハビリテーション科・歯科・歯医者・
     歯科口腔外科
受付時間:月~金 8:30~11:00
休診日:土・日・祝

和歌山県田辺市にある、
紀南病院の産婦人科にに通うことになったのは、
妊娠がきっかけでした。
なかなか生理が来ないなぁと思っていたら、軽い出血があって、
あっ生理がきたと思っていたら、
それがだらだらと一週間たっても終わらなくて
量は生理3日目くらいの出血が続いてて何となく嫌な予感がして、
妊娠検査薬使って見たら、陽性反応があり、
もしかして妊娠?でも出血してるし…
結婚して4年目で初の妊娠だったので、
検査してもらうために近所に産婦人科がなくて
どうしようかと思っていたのですが、
知り合いに田辺市ならいくつか産婦人科があると紹介してもらって、
初めての妊娠だし大きい病院のほうが安心かなと思いまして、
紀南病院へ車で30分くらいかけていくことになりました。

病院に到着して、
予約はしてなかったんですが、診察してくれることになり、
基本的には予約したほうがいいと思います。
診察してもらったところ、
妊娠検査は陽性と出ていいるんですけどね、
赤ちゃんの入った袋が確認できないです。
やはり流産と言われました。
ショックでした。
それから半年近く経って、
また妊娠しまして紀南病院に通うことになり、
4ヶ月健診の時に、風疹の検査結果から、高い数値が出てしまい、
先生から、子どもの頃、風疹にかかった事がありますか?
もしくは予防接種はしましたか?と聞かれて、
私自身どうだったかもあまり覚えなくて、
もしかしたら風疹に今感染している可能性があるかも知れないので、
そうなるとお腹の赤ちゃんに影響が出ることもありますと言われたのですが、
その後特に発熱とか発疹とか出なかったので、
多少不安もありましたけど、大丈夫でした。
それからまた、5ヶ月健診の時にエコー写真で見ても
ちゃんと育っているのが確認できてほっとしたのを覚えてます。

紀南病院の一階の採血するところに
待合室というか診察券を通す機械があって番号札が出てくるんですけど、
いつも混んでて椅子が空いてなくて、
よく立ったまま待ってたりすることはありました。
大きい病院なので、
尿検査も状況に応じて一階でしたり二階のトイレでしたり、
産婦人科の待合所も向かい合うように
皮膚科と眼科だったかな?ありまして
、診察待ちの場所が共同でしたので、日によっては混みあってたり、
産婦人科の診察室なんですが、
内診1とか2とか色々あって診てくれる先生もそれぞれ違ったり、
最初馴れないうちは、ややこしくて分かりにくいし、
名前呼ばれてお入りくださいって言われても
どこに入ればいいのかわからないときもありました。
ドアが開いて中から助産師さんかな?
どうぞって言ってくれるときもありましたけど、
必ずしも出てきてくれるとは限らないので…
それの解決策が診察室のドアの横に
診察券の番号が予約順に出てくることに気付いたので
そこからは比較的スムーズでした。
そんなシステムがあるなら最初に教えてほしかったですが…

出産近くなってくると陣痛とか破水とか、
説明してもらっていたので起こっとき慌てないように、
家から病院までの時間のことを考えて、
できるだけ早めに来てもらったほうがいいとゆうことを言われてたので
破水しはじめ他と同時にすぐ行けました。
出産後も5日くらい入院したんですが、
新生児用ベッドの説明もしてほしかったなと思います。
特に備え付けられている赤ちゃんの異常があったら
お知らせブザーが鳴ることとか、赤ちゃん抱っこするときは、
ブザーの電源オフにするとか知らなかったので、赤ちゃんに異常はなく、
泣いたので抱っこしたときに、一度鳴らしてしまいました。
その辺りの説明を事前にしていただきたかったです。
でも紀南病院の産婦人科の先生を始め助産師さん看護師さんには
赤ちゃんの母乳の飲ませかたからおむつ交換のしかたなど
色々お世話になったので感謝してます。

南生協病院(産婦人科)–名古屋市 口コミ評価体験談

南生協病院(産婦人科)  名古屋市

住所:愛知県名古屋市緑区南大高2-204
電話:052-625-0373
診療科目:内科 / 精神科 / 神経科 / 神経内科 / 呼吸器科 /
     消化器科 / 循環器科 / 小児科 / 外科 /
     整形外科 / 脳神経外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 /
     産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 / 血液内科 /
     腎臓内科
受付時間:午前 月~土 8:30~11:30
     午後 月水金 16:30~19:00
      (受付時間・科目毎曜日あり)
休診日:日・祝・年末年始

名古屋市緑区にある南生協病院で
妊娠時の定期検診、出産をおこないました。
病院の場所はJRの大高駅と市バスのバス停から徒歩3分くらいで
とても便利だったので特に妊娠中の体で
歩くのが大変な時でも利用しやすかったです。
南生協病院の出入口前には
タクシー乗り場があるのでタクシーも利用しやすく、
車の場合も出入口の前で一時駐車でき乗り降りがしやすかったです。
いろいろな交通手段で病院へ行けるのでとても便利でした。

南生協病院は全体的にとても綺麗で清掃が行き届いており
待合室の椅子も広くとても快適でした。
待合室の一角に
おもちゃや本などが置いてあるキッズスペースがあり
上の子どもを連れて行っても遊ばせる事ができるようになっていました。
診察は予約制なので多少は待ち時間がありますが
比較的スムーズに検診、検査を受ける事ができました。
妊娠がわかり2回目の検診の時、
個室で助産師さんと面談がありました。
その時、妊娠に関して不安な事がないか、
今後どのように検査が進みサポートしてくれるか、
気をつける点など親身に話を聞いて、いろいろ教えてくださいました。

定期検診の際もエコーや内診の後、先生や看護師さんが
疑問に思っている事や不安な事をきいてくださいました。
南生協病院では、妊娠中、検診だけでなくマタニティーヨガや
初めての出産に向けての講習会があったり、
家族に対しての講習会があったりしました。
マタニティーヨガは助産師さんが講師をしており
家でできるヨガのポーズを教えてくださったりと
気分転換になりとてもリラックスでしました。
妊婦さん同士の交流の場にもなっていました。
講習会も妊娠中に気をつける事や出産時の呼吸法、
出産に向けて準備した方がよいグッズなど
様々な事を教えてくださいました。
産後も講習会があり、赤ちゃんのお風呂の入れ方やオムツの変え方、
母乳育児の相談などあり初めての出産、育児でも安心できました。
このような講習や勉強会は妊婦にだけでなく家族にもしてくれるので、
出産に立合う時や
初めての育児でわからない事だらけのお父さんにも
とても安心でわかりやすかったです。

出産時は分娩室もとても広く、
シャワーや付き添いの人用のベットもあり
長期戦になっても快適に利用できました。
またどんな出産にしたいか事前に聞いてくださっており、
好きな音楽をかけたり、アロマを焚いたり
少しでもリラックスできるよう配慮してくださいました。
助産師さんも初めての出産で
あまりの痛みで泣き叫んでいる私を常に励まし、
腰をさすってくれたりとサポートしてくださいました。
出産後は個室で赤ちゃんとゆっくり過ごす事ができました。
赤ちゃんが母乳をどれくらい飲むことができているか
小まめにはかってくださったり、
初めての育児でわからない事など
助産師さんが親身に教えてくださいました。
また私は片方の母乳だけ血液が混じってしまっており
赤ちゃんが飲める状態でなかったので、
マッサージの仕方を教えてくださり
1週間後には血乳が改善されました。

また産後すぐに必要な物一式をくださり、
赤ちゃんの肌着も貸してくださるのでとても便利で助かりました。
出産5日後にはお祝い膳として
母乳に影響がおよばないよう配慮された豪華な食事も出ました。
お祝い膳だけでなく
食事は全体的にバランスよくとても美味しかったです。
退院後の1ヶ月検診の時には
助産師さんが覚えていてくださり声をかけてくださいました。
助産師さんは、検診時には講習やヨガをはじめ
不安な事があれば相談に乗ってくださり、
産後入院中もサポートしてくださっていたので
とても近い存在に感じる事ができました。
先生や看護師さんもとても親切でした。
出産1年後には病院主催で同じ月に産まれた子の同窓会がありました。
検診から産後まで手厚く、親身になってくださるとてもいい病院でした。
また2人目を妊娠した時は是非、南生協病院を利用したいと思います。

JA北海道厚生連帯広厚生病院(産婦人科)–北海道帯広市 口コミ評価体験談

JA北海道厚生連帯広厚生病院(産婦人科)  北海道帯広市

住所:北海道帯広市西六条南8-1
電話:0155-24-4161
診療科目:内科 / 精神科 / 神経内科 / 呼吸器科 / 消化器科 /
     循環器科 / 小児科 / 外科 / 整形外科 / 形成外科 /
     脳神経外科 / 心臓血管外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 /
     産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 / 血液内科
受付時間:午前 月~金 8:00~11:00
     午後 月 13:30~14:30 
        火水金 13:30~15:30 
        木 12:30~15:00 
       (受付時間・科目毎時間・曜日あり・一部予約制)
休診日:土・日・祝

1人目の出産のため利用しました。
帯広厚生病院は、十勝で一番大きな総合病院であるため、
赤ちゃんや母体になにかあったときに、
スムーズに処置してもらえると思い選びました。
帯広駅にも近く、家のある音更町からは車で30分ほどでした。
妊婦検診は担当制で曜日が決まっていて、
同じ先生に診てもらうシステムでした。
ただ、ちょうど転勤の時期が重なり、
出産までに3人の医師に診てもらいました。
どの先生も親切で優しかったので安心しました。
 
お産は、破水から始まったため真夜中の1時に電話し、
即入院しました。
本陣痛開始まではそれから23時間かかり、
次の日の午前3時に無事出産できました。
入院してから、本陣痛が本格的に始まるまでは、
6人部屋で待っていました。耐えられない陣痛が始まったら、
陣痛室に移動するから言ってくださいとのことで、
初産だったのでどれくらいで助産師さんを呼んだらいいかわからず、
呼んだ頃には破水したもので入院着がぐしょぐしょになっていしまい、
陣痛室に移った後、
クーラーでそれが冷えて着替えるまで寒くて大変でした。
初めから陣痛室にいたかったなあとは思いますが、
お産がかなり多い時期だったようなので
しょうがないかなと思います。
私の隣のベッドの人は、
破水してからいい陣痛が来なくて子宮口も開かなかったようで、
破水から2日目に帝王切開したそうです。
もう一日待つかと医師に言われたが、
陣痛を起こす薬でかなり苦しんだようで、
もう切ってくれと頼み込んで帝王切開してもらったと言っていました。
帯広市内の他の個人病院でお産した友達は、
人工的に陣痛を起こしてもなかなか良い陣痛にならず、
破水から3日目に吸引分娩をして産道も傷ついて、
帝王切開して欲しかったと嘆いていました。
私は幸い自然分娩できましたが、
万が一難産になった場合、厚生病院は、個人の病院と違って
自分のところで帝王切開をすぐ実施できるから、
良かったんじゃないかなと思いました。
 
帯広厚生病院は若い助産師さんが大勢いましたが、
皆親切で、熱心に授乳や赤ちゃんのことを教えてくれました。
バースプランも忠実に実施してくれました。
私は、お産の時に実母に写真を撮ってもらいたいというのと、
胎盤を見たいと書きました。
写真が趣味の母は、お産直後の赤ちゃんや、
陣痛で苦しんでいる時の様子など、
後で見て懐かしめる写真をたくさん撮ってくれました。
7月の暑い時期で、
6人部屋はそれぞれカーテンで仕切っているから
熱がこもってしまって結構暑く感じました。
私は出血が多く、お産直後は尿道カテーテルも留置し、
ベッドから動けないような状態でしたが、
助産師さんが氷枕を持ってきてくれたりと気を使ってくれて、
うれしかったです。
お産がとても多い時期だったようで、
授乳室も重なると入れないくらいになっていましたが、
そのわちゃわちゃ感は今ではいい思い出で、
いろんなお母さん、赤ちゃんを見ることができて楽しかったです。
帯広厚生病院は、新しい建物を建てているところで、
新しい病院に移ったら暑い6人部屋や
わちゃわちゃする授乳室(笑)は改善されるのかもしれません。
ご飯は、個人病院のように高級なものは出ませんでしたが、
白米の量が多く充分美味しく頂きました。
お産から4日目にお祝い膳なるものも出て、うれしかったです。
最後に母体の入院費用ですが、41万円程度となり、
健康保険から出る出産一時金の42万円以内に収まったため、
むしろプラスとなったくらいで家計に嬉しい驚きでした。
個人病院では50万円以上かかったと思います。
赤ちゃんの入院費用の方も保険や乳幼児等医療費受給者証の対象となり、
ミルク代のみとのことで、5000円ほどですみました。

江別市立病院(産婦人科)–北海道江別市 口コミ評価体験談

江別市立病院(産婦人科) 北海道江別市

住所:北海道江別市若草町6
電話:011-382-5151
診療科目:内科 / 精神科 / 呼吸器科 / 消化器科 / 循環器科 /
     小児科 / 外科 / 整形外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 /
     産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 /呼吸器内科/
     消化器内科/循環器内科/乳腺外科/糖尿病内科
受付時間:午前 月~金 8:00 – 11:30
     午後 月~金 12:30 – 15:30
休診日:土・日・祝

北海道の江別市立病院の産婦人科で出産しました。
先生、看護師、特に助産師さんは本当に親切で
皆さん親身になって対応してくれました。
妊娠中に妊娠糖尿病になったので、内科にも通院でき、
さらに、赤ちゃんに何かあった時にも
小児科が入っていて情報を共有できる
総合病院での出産は私にとってとても心強かったです。

私は破水して病院に行ったので、
緊張と不安の中入院の手続きなどをしました。
けれど、江別市立病院はLDR室での出産ということと、
運よくその日はお産が入っていなかったので、
すぐにLDR室に入ることができ、
緊張も解け、リラックスできました。
LDR室というのは、
できるだけ家庭的な雰囲気でお産ができるよう工夫された部屋のことで、
陣痛、分娩、回復までをその部屋ですることができます。
部屋には、テレビ、ソファー、冷蔵庫、バスルームもあり、
本当に家にいるような感覚で、
病院ということを忘れてしまいそうになるほどでした。
その日は陣痛もくることなく、
翌日、陣痛促進剤を投与して、無事出産しました。
陣痛の間も、助産師さんは腰をさすってくれたり、
励ましてくれて、本当に心強かったです。
出産後もそのまま2時間ほどLDR室で休むことができ、
赤ちゃんを抱っこしたり、主人と会話したりして過ごしました。
病棟に移り、その日はゆっくりと休むことに専念するため、
赤ちゃんは預けて、翌日から母子同室で過ごしました。
今まで赤ちゃんと触れ合う機会がなかったので、
泣いてしまうとどうしてよいかわからず、
おろおろしていました。そのことを助産師さんに言うと、
「おむつが汚れていないか、
おなかが空いていないか、
抱っこして欲しいのか、順番に試してみてごらん。
最初はわからないのは当たり前だよ。
大丈夫、赤ちゃんは泣くのが仕事っていうでしょ。」
と言ってくれ、とても安心しました。
初めてうんちをした時も、黒い色でびっくりして、
どうしてよいかわからず、
ナースコールをして助産師さんを呼んでしまいましたが、
笑って、どのように拭いたら良いのかを丁寧に教えてくれました。
なかなかうまく授乳できない、
と相談すると、おっぱいのぬいぐるみを持ってきて、
説明してくれたり、授乳のコツを何度も丁寧に教えてくれました。

江別市立病院の産科の病棟は3交代のようで、
朝、夕方、夜と担当助産師さんが変わるのですが、
必ず挨拶に来てくれ、引き継ぎもしっかりされているようで、
朝に相談したことも夕方、夜に確認してくれるため、
担当の方が変わっても全く心配なかったです。
今まで、通院などで他の病院に通ったことはありますが、
入院は初めての経験でしたが、こんなに誰に当たっても
良い気持ちで対応してくれる病院は多くはないと思います。
特に出産は初めての経験だったので、不安なことが多く、
質問することや、ナースコールで呼ぶ事も多くありました。
けれど、皆さん親身に私が理解するまで対応してくれ、
本当に江別市立病院で出産してよかったと思いました。

退院する際も
先生、看護師、お世話になった助産師さんがお見送りをしてくれ、
嬉しかったです。
見舞客の親戚が多かったこともあり、
有料の個室に入院し、寝具も借りたのですが、
入院費用も出産育児一時金から出ることなく、
おつりがくるくらいでした。
退院後は2週間後に経過を見るため、病院に行くと、
担当してくれた助産師さんが赤ちゃんの検診はもちろんですが、
私の生活の様子、不安なことはないか、など色々話を聞いてくれ、
私も家族以外の人と話す機会もなかったので、
とてもリフレッシュできました。
妊娠から出産までお世話になって、
スタッフの皆さんの親切さ、丁寧さにはいつも救われていました。
不安な気持ちも、たった一言で吹き飛んでしまうくらい
優しい言葉をかけていただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、子供ができたら、
ぜひ江別市立病院の産婦人科にお世話になりたいです。

西市民病院–兵庫県神戸市 口コミ評価体験談

西市民病院  兵庫県神戸市

住所:兵庫県神戸市長田区一番町2-4
電話:078-576-5251
診療科目:内科 / 精神科 / 神経科 / 神経内科 / 呼吸器科 /
     消化器科 / 循環器科 / 小児科 / 外科 /
     整形外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 産婦人科 /
     眼科 / 耳鼻咽喉科 / 歯科口腔外科 / 血液内科 /
     腎臓内科 / 内分泌科
受付時間: 月~金 8:45~11:45
      (受付時間・科目毎に曜日・時間あり)
休診日:土・日・祝

兵庫県神戸市長田区の西市民病院です。
子供二人ともそこで出産しました。
最初は須磨の方の個人病院で診察しましたが、
前置胎盤になるかもと言われ不安になり
西市民病院でも診てもらった結果、
まったく問題もなく、大丈夫ですよと言ってもらい安心しました。
そしてこのときから西市民病院に転院することにしました。

そして予定日を過ぎたのに出てくる気配もなく、促進剤を。
でも初産ということもあり、なかなか陣痛がおこらず、
明日から連休になるのでいったん退院。
そしてまた促進剤を予定していた前日に自然陣痛きました。
これから時間がかかると覚悟していましたが、
病院に着いて二時間後くらいから本格的な陣痛。
そして1時間後には子宮も全開になり、すぐに分娩室へ。
そこから10分後ほどで出産しました。
ですが、一人目は出産後、
詳しく検査するためにこども病院にすぐに転院になり、
私だけ5日間の入院でした。
その間、搾乳した母乳を主人がこども病院へ運び、
私も子どもと接することもできずさみしい思いをしてるとき
看護師さんが写真を数枚撮ってくれ
渡してくれたのがすごくうれしかったです。
幸い子供も今すぐに治療する状態でもなく、
私が西市民病院を退院する日と同時に退院。

心雑音で急遽検査をして、
こども病院へ転院させてくれた対応の速さに
今でも感謝しております。

2人目はだいぶ期間が開いていたので、
一人目の時に見てもらった先生も変わってました。
ですが、対応は昔とかわらず
看護師さんも親切でとても良くしてくれました。
2人目も予定日を過ぎ、促進剤を使った出産でした。
二回目でも促進剤を使うことに不安はありましたが、
先生も2人目だから
一人目の時のように時間かかることはないよと言われ、
その言葉を信じて決断しました。

そして入院の日、朝から入院し、10時くらいから促進剤開始。
朝から緊張してましたが
助産師さんも何度も様子を見に来てくれので、安心できました。
そして、割と早く陣痛も起こり、
昼すぎから本格的に本陣痛につながりました。
分娩室に運ばれたので、もうすぐかと思いきや、
まだ子宮口は7センチ。。。
まだかかる言われ気が遠くなりましたが、
その5分後くらいにはすぐ10センチに。
だんだん呼吸がしにくくなって、
酸素マスクをつけられました。
赤ちゃんに酸素を送るために、
大きく呼吸するように言われました、
なかなかうまくできず。

そして途中、赤ちゃんが苦しそうだから、
早く出してあげるため、
次の陣痛で先生がにおなかを押す処置。
これが想像よりもすごく苦しかったですが、
一回で無事に出産。
助産師さんも常に様子を見てくれてたので、
素早い対応で感謝しています。
そして一人目の時には体験できなかった母子同室。
体調がすぐれないときは無理せずに、預かってもらえたので、
助かりました。
母乳がまだちゃんとでなくて、
マッサージも自分ではいたくてできませんでした、
痛くて夜も眠れずにいたら、
看護師さんがマッサージしてくれたり、
冷やしてくれたりしてなんとかおさまりました。
母乳がこんなに大変だとはおもいませんでした。
一人目はすぐにこども病院ではなれたのもあり、
母乳が足りなくてほぼミルクだったので。
ですが一人目ではできなかった経験が
最後の出産でできたので、よかったです!
退院する日、とりあげてくれた助産師さんが
病院のエレベーターまでお見送りしてくれました。
本当にうれしかったです。
2人目は平日だったせいもあったのか、
出産手当金の範囲内で済みました!
2人とも出産後の形は違いましたが、
スピード出産、安産で、そして子供たちも元気に育っており、
これが一番です。
出産は何度目だろうが、何が起こるかわからないと思いました。

福岡徳洲会病院(産婦人科)–福岡県春日市 口コミ評価体験談

福岡徳洲会病院(産婦人科)  福岡県春日市

住所:福岡県春日市須玖北4-5
電話:092-573-6622
診療科目:内科 / 神経内科 / 呼吸器科 / 消化器科 / 循環器科 /
     小児科 / 外科 / 整形外科 / 形成外科 / 脳神経外科 /
     心臓血管外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 産婦人科 /
     眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 / アレルギー科 /
     心療内科 / リウマチ科 / リハビリテーション科 /
     麻酔科 / 歯科 / 矯正歯科 / 小児歯科 /
     歯科口腔外科 / 腎臓内科 / 肝臓科
診療時間:平日 午前診療9:00~12:00  受付7:45~
          (眼科は11:30まで) 
        午後診療13:30~16:00  受付13:00~
        夕方診療17:00~20:00 受付16:30~
     土曜日 午前診療9:00~12:00  受付7:45~
休診日:日・祝

妊娠がわかった時と同時期にメニュエール病になってしまった為、
個人の産婦人科では対応が難しいとのことで、
一番自宅から近い総合病院の福岡徳洲会病院に行くように勧められました。
自宅からは車で片道30分ほどで行くことが出来ますが、
混みやすい場所にあるので、車で50分ほどかかることもありました。
バスもあるのですが本数が少ないのでほとんど利用していません。
待ち時間は毎回長く、
予約しているのに、最長で2時間近く待たされたことが多々ありました。
予約してもこれくらいかかってしまうので、
待っている間に体調が悪くなることがあり、
もう少し待ち時間が短くなったらいいのにといつも思っていました。
利用者が多いので中々難しいとは思いますが。

福岡徳洲会病院の先生方はとても優しく、
質問したことに対して、丁寧に答えてくださいます。
なので、先生や看護婦さんの印象はよくて、
接しやすいし、聞きたいことがあった時に、聞きやすいと思います。
費用は頭痛がした時などの痛み止めをもらったりする時にかかったくらいで、
あとは市から出ている、
無料の券を使うことでほぼ診察費はかからずに出来ました。

福岡徳洲会病院には出産した時に6日ほど入院しましたが、
大部屋にして入院費は約6万円かかりました。
徳洲会病院は総合病院だし大部屋にしていたので、
もう少し安いと思っていたのでこの金額を提示された時は、
少し高く感じました。

陣痛がきた時にはあまりの腰の痛さに挫けそうになっていましたが
看護婦さんがずっと、正しい呼吸の仕方を見せて、一緒にしてくれたり、
腕を握っていいですよー、頑張ってとずっと声をかけてもらえてたので、
安心して頑張ることが出来ました。
看護婦さんの腕を握りすぎて真っ赤になっていたのに
全然気にしなくていいんですよ、大丈夫です。
と言ってくださったので本当に申し訳なかったです。
出産したあともよく頑張りましたね、
優秀でしたよと声をかけてもらえたのでとても嬉しかったし、
この方が一緒にいてくれて本当によかったなって思いました。
出産したあと入院中は赤ちゃんとは別々の部屋なんですが、
何日かたつと同じ部屋の人が退院したり、
別の部屋に移されたりしたので、
大部屋に、私一人だけいるという状態になっていました。
その状態をみて看護婦さんが赤ちゃんをこちらに連れてきましょうか
と言ってくれて、
最後の入院の日を我が子と一緒に過ごすことができたので
この気遣いにはとても感謝しています。
旦那もお見舞いに来てくれた時に
部屋にいるのを見てとても嬉しがっていました。
そういったちょっとした気持ちが嬉しかったです。

福岡徳洲会病院にお世話になる前は
先生の対応が悪いといったレビューなどもあって
あまり評判のいいイメージがなかったのでとても心配はしていたのですが
いざ自分が実際に利用してみるとそんな心配はいらないくらい、
いい対応を沢山してもらえたので
この病院を利用できて本当によかったと思いました。
また妊娠して利用する機会があればこの病院を選びたいと思いました。

ただあえて言うならば診察の待ち時間をもっと短くしてもらえたり、
旦那が言っていたのが面会時間が短いということです。
面会時間が14時から19時までなので、
仕事をしている人からしたらかなり時間が限られてしまって
中々面会に来れないぢゃないかととても怒っていました。
ここが改善されれば
もう少しこの病院を利用する方も利用しやすくなって増えると思うし、
仕事の帰りにも面会出来る人が増えていいんぢゃないかと思います。
あとは駐車代が30分も止めてないのに300円ほどかかるので
ちょっと高いと思います。
利用者の人が書いているお声の中にも同じことを思っている人が多々いたので
なおして欲しい点が少しずつでも改善されて
利用者が利用しやすい病院にどんどんなっていってもらえたらいいなと思います。

聖マリア病院(産婦人科)–福岡県久留米市 口コミ評価体験談

聖マリア病院(産婦人科)  福岡県久留米市

住所:福岡県久留米市津福本町422
電話:0942-35-3322
診療科目:内科 / 精神科 / 神経内科 / 呼吸器科 / 消化器科 /
     循環器科 / 小児科 / 外科 / 整形外科 / 形成外科 /
     脳神経外科 / 呼吸器外科 / 心臓血管外科 /
     小児外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 産科 / 婦人科 /
     眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 / 歯科 / 矯正歯科 /
     小児歯科 / 腎臓内科
診療時間:月~土 8:30~11:30
休診日:日・祝

福岡県久留米市にある聖マリア病院の産婦人科です。
双子の妊娠が分かり、最初は個人病院に通っていましたが
聖マリア病院の産婦人科に転院するように言われました。
聖マリア病院は総合病院で、
双子の妊娠出産はとてもリスクが高いので、
新生児科と小児科の設備が充実している病院でないと
出産できないと言われました。
病院のすぐ近くには駅があり、
バス停もすぐ目の前にあるのでアクセスはとてもしやすいと思います。
でも車で通院する場合は、駐車場からが少し距離があるので
お腹が大きくなってきてからがちょっと大変でした。
単胎妊娠よりも多胎妊娠は健診の頻度がかなり多く、
妊娠糖尿病などのリスクも高いため血液検査の項目も多かったので
妊婦健診の費用がかなりかかったと思います。
一卵性双生児の妊娠は双胎間輸血症候群といって、
二人の胎児に送られる血液の量のバランスが崩れてしまい、
大きさに差が出て心不全や腎不全を起こしてしまうリスクもあるため、
エコー検査では二人の胎児の大きさに注意して検査をしてもらいました。
聖マリア病院の産婦人科のエコー検査の設備は、
個人病院のように3Dというような機械はありませんでしたが、
その分検査費用が少しでも抑えられたのかなと思います。

妊娠6ヶ月くらいからだいぶお腹が大きくなり、
切迫早産気味だから絶対安静にと言われました。
しかし、家で一日中ずっとジッとしている訳にもいかず、
妊娠8ヶ月頃に高位破水になりすぐに入院することになってしまいました。
破水はすぐに治って、
お腹の張り止めの点滴をずっと付けた状態での入院生活を続け、
なんとか正期産まで持ち堪えることが出来ました。
2ヶ月半の長い入院生活、聖マリア病院の看護師さんや助産師さんには
とても親切にしていただき話し相手にもなってもらって、
とても親しくなれました。
聖マリア病院の先生もとてもフレンドリーで、
最初は早くから入院になってしまってとても不安でしたが、
心配なことはすぐに相談できて対応してもらえたので、
最後まで頑張ることがでしました。

出産は帝王切開でした。
手術も人生で初めてのことで、とても不安で緊張していましたが、
手術日に向けて前日、当日、手術後の説明を順を追ってしてもらい、
疑問点は質問できてすぐに対応してもらえました。
担当の先生から
「今度旦那さんも一緒に説明聞いてもらいましょうね」と言ってもらえ、
一緒に説明を聞くこともできて安心出来ました。
手術中も、想像していた緊迫した雰囲気ではなく、
先生が話し掛けてくれながらの穏やかな雰囲気での手術でした。
手術後、段々麻酔が切れてきて痛みが出てきた時は
痛み止めの点滴の量を調節してもらったり薬を出してもらって飲みました。
動けるようになってからは、授乳の指導などをしてもらいました。
完全母乳を目指す方針の病院でしたが、
双子だったのでミルクと交互で、
無理せず休める時は休むようにと指導してもらえ、気が楽になりました。
聖マリア病院の産婦人科の病室は個室と2人部屋があり、
出産前までは2人部屋を使っていました。
広くはなかったですが、
毎日2回掃除が入りとても清潔感がありました。
同じ部屋になった人とも世間話などが出来て気分転換になって楽しかったです。
産後は個室を利用しました。
とても広くてシャワーもトイレも付いていて快適でした。
産後の食事は食堂で他の人も一緒に食べるようになっていて、
色んな方と話しが出来て気分転換になりました。
退院前の最後の食事はお祝い膳が出て、洋食のコース料理のようでした。
退院の時には、担当の先生や助産師さんたちと一緒に記念写真を撮り、
退院するのが少し寂しいくらいでした。
長い入院生活でしたが、
聖マリア病院の先生や助産師さんたちに支えられて
出産まで乗り切ることができました。