岐阜県 北方町  いとうレディースケアクリニック -口コミ評価体験談

岐阜県 北方町  いとうレディースケアクリニック -口コミ評価体験談

住所: 岐阜県本巣郡北方町北方3195

電話: 058-323-7101

月曜日 9時00分~12時00分
 16時00分~19時00分

火曜日 9時00分~12時00分
 16時00分~19時00分

水曜日 9時00分~12時00分
 16時00分~19時00分

木曜日 9時00分~12時00分

金曜日 9時00分~12時00分
 16時00分~19時00分

土曜日 9時00分~12時00分

日曜日 定休日

私が出産したのは岐阜県北方町にあるいとうレディースケアクリニックです。
地元なのでよくいとうレディースケアクリニックの横の道を通ったり、友達もこの産院で出産しているので何回かお見舞いにもきたことがあります。
私も妊娠して家の近くで産もうか実家の近くで産もうか迷っていた時に
いとうレディースケアクリニックで産んだ友達に話を聞いてここに決めました。
評判もよく大きくて綺麗な病院だったので
前々から気にはなっていました。

スポンサーリンク

妊婦健診の時も、毎回すごい人が多くて1、2時間待ちは当たり前でした。
予約をして朝一で行っても終わるのはお昼前。
早いと1時間程度ですが水曜日は女性の先生なので普段よりも混んでいます。
出産は初めてではないですか、産婦人科で産むのは初めてだったので
どんな感じかな?と思っていましたが
検診はそこまで変わらないですね!
担当の先生は日によってばらばらでしたが皆優しい方でした!
多く検診してくれた先生は医院長さんだったので安心感もありましたし
エコーをいろんな角度から見せてくれたり
自分の子供のように優しい表情で説明してくださったのでここで産む決め手にもなりました。

待合室には少し離れた所に子供が遊べるお部屋もあったので上の子供をつれてきても大丈夫だな~と思いました。
私は3月前半の予定日だったのですが2月半ばに破水し、そのまま入院になったのですが
この経験は初めてで緊張と不安がありましたが
看護婦さんたちのフォローで気持ちが落ち着きました。
こまめに看護婦さんがきてくださって入院の説明などもしてくださいましたし、陣痛を起こす薬を使うことになったのですが
その説明も丁寧で詳しかったのでとてもわかりやすかったです。

たまに愛想のない看護婦さんや先生がいる病院がありますが、いとうレディースケアクリニックの方たちはどの人も愛想がよく元気な方ばかりで気持ちがよかったです。
出産後も1日は赤ちゃんを預かっていただけるので体も少しは休めることができました。
授乳も部屋でやるのかと思っていましたが、授乳室があってそこに皆集まって一斉に授乳をすることには驚きました。
看護婦さんが数名で授乳指導をしてくださるので、初めての出産をされた方は安心だと思います。
その他にもいろいろなサービスがあったり
ご飯も豪華で家族が泊まることもできてとてもよかったです。
後、母乳育児を大切にしていることがよくわかりました。

母乳育児にあたって色々なアドバイスや指導が退院してからも受けられるとのことだったので
すごくオススメです。
この産院で出産できて、とてもよかったと思います。

スポンサーリンク

いとうレディースケアクリニック–岐阜県北方町 口コミ評価体験談

いとうレディースケアクリニック  岐阜県北方町

住所:岐阜県本巣郡北方町北方3195
電話:058-323-7101
診療科目:産科 / 婦人科
診療時間:午前 月~土 9:00~12:00
     午後 月火水金 16:00~19:00
休診日:日・祝

岐阜県北方町にあるいとうレディースケアクリニックです。
瑞穂市にアネックス館という
分娩を扱わない婦人科健診や妊婦健診のみ対応の別館があり、
妊娠しているかたは途中で本館に移動になります。
建物は茶色で、お洒落な雰囲気です。

いとうレディースケアクリニックは駐車場は多くあり、
本館はJRの穂積駅から車で10分の立地となっています。
内装はそこそこお洒落なホテルといった雰囲気ですが、
待ち合い室は常に込み合っており、
椅子もテーブル席と長椅子のため、
誰か一人座ると他の人が座りづらく、
立って待っている妊婦も何人かいます。
全体的に椅子は少な目です。
入り口で靴を脱ぐのですが、収納するところがないので、
入り口に靴がたくさん並んでおり、
靴を遠くに脱いで、土足エリアを歩くことになります。
スリッパも足りていないため、裸足で歩く妊婦もいます。
靴下を履いていくことをおすすめします。

受付では、電話を一人1台渡されます。
病院内にいれば、待ち合い室から離れた場所にいても、
何かあったときに電話をかけてもらえますが、
プライバシーを守るための電話なのに、
名前で呼ばれることもしょっちゅうあるので、
電話があるだけ邪魔だなと思います。
採尿室は一ヶ所しかないので、
妊婦健診が重なるとトイレ前で並ぶことになりますし、
スリッパを外で脱ぐのですが、すぐ隣に検査室があって、
人の出入りが激しいので
スリッパが遠くにいってしまっていることもあります。

いとうレディースケアクリニックの予約は
再診であれば、当日ネット予約ができますが、
院長が担当のときは、
朝8時半の予約開始と共に待ち人数が40人を越えることもしばしばあります。
時間で何時からの予約ということができないので、
いつ終わるかわからないし、
いついけばいいのかも当日の進み具合によって変わるので
半日予定を入れられなくなります。
前もって次回の予約を何時からというふうにとれれば、
便利なのに要領が悪いと思います。
午前中は妊婦健診担当の先生と婦人科の先生がいて、
午後は先生が一人で、午前中なら託児サービスがあります。
火曜日の午前中の妊婦健診の先生はなかなか厳しく、
患者が他院で言われたことを信じてくれず、
言い方もきついです。
院長は緩い感じの人で、説明もしっかりしているため、
安心して胎児の様子を見ていられます。
また他の先生はくれないのですが、4Dの写真もとってくれます。
こちらの病院は体重を妊娠前の体重に関わらず、
8キロ増加以内にするように言われます。
血糖値の検査も他院に比べて厳しく、
すぐに総合病院に移動するように言われます。
総合病院に受診して問題ないと言われても、
継続的にいとうレディースケアクリニックで検査します。
だから安心と言えば安心かもしれませんが、
厳しいのが苦手な方には向いていないかもしれません。
里帰りでこちらにきた私にとっては、
いきなり体重や血糖値を注意され、
いとうレディースケアクリニックでは分娩できないと言われて、
とても不安でしたが、
詳しくみてもらえていることに安心感をもっています。
いとうレディースケアクリニックでは、
三回の母親学級、週に二回の無料のマタニティービクスクラス、
週に一回の、一回500円のマタニティーヨガのクラス、
父親学級があります。
また産後にはお誕生日会などのイベント等もあるようなので、
こちらに住んでいる方はイベントやクラスに数多く参加できて、
充実していると思います。
出産後は産婦全員が集まって授乳をします。
またいとうレディースケアクリニックでは退院間近になると、
美容師による、洗髪サービスがあります。
入院中の食事はおやつも含め、しっかりめでだされますし、
旦那さんも泊まれるように簡易ベッドもあります。
また旦那さん用の食事も提供されるので、
立合分娩のかたも安心ですよ。