吉田産婦人科内科医院–埼玉県東松山市 口コミ評価体験談

吉田産婦人科内科医院  埼玉県東松山市

住所:埼玉県東松山市御茶山町1-5
電話:0493-24-1002
診療科目:内科 / 小児科 / 産婦人科
診療時間:午前 月~土 9:00~12:00
     午後 月火木金土 15:00~18:00
休診日:日・祝

埼玉県東松山市にある吉田産婦人科です。
家からは車で20分程度かかる場所でしたが
優しいおじいちゃん先生がいてとても落ち着く病院でした。
吉田産婦人科は、かなり年季の入った産婦人科で
きっと長年このおじいちゃん先生が赤ちゃんを診てきているのだと思います。
初めての妊娠で吉田産婦人科を受診しましたが、
当時わたしは20歳。とてもとてと不安でした。
そんな私でしたがとても優しいおじいちゃん先生と
看護婦さんの方々が本当に良くしてくれました。
家族の様に出産の日まで支えていただきました。
エコーも毎回じっくりと説明しながら見せてくれて、
写真もしっかり撮ってくれます。
男の子か女の子か、知りたい?
知らないまま産むのも楽しいよ~などと愉快な会話もしてくださいました。
わたしの場合はおじいちゃん先生がエコーを見ている時に
ベビーのお股をはっきりと映してしまい性別が発覚してしまいましたが。笑、
隠してほしいわけでは無かったのでそれも楽しい思い出です。
それから血圧がいつも低いことを心配してくださったり。
貧血の数値が高くでていたのでお薬も出してくださいました。
わたしにはお母さんがいなかったのですが、犬帯?
というものを看護婦さんがしっかり巻いてくれた事も思い出しました。
犬は安産だからだそうです。泣きました。
吉田産婦人科は本当にアットホームで良心的な産婦人科です。

スポンサーリンク

お腹も大きくなり、
陣痛が始まった時は痛みにも波があり
よく分からずにぎりぎりまでお家で耐えていて
心配になったので病院に電話しました。
少し慌てているわたしに
ゆったりとしたいつもの口調で先生が指示を伝えてくれて
とても落ち着いたのを覚えています。
そのまま病院に向かいましたが
あっという間に痛みもつよくなり病院に着く頃には現界な感じでした。
わたしの子宮口を見て少し慌てて看護師さん達が
「カイザー!」「カイザー!」と叫んでいて
何やら手術の準備をバタバタと始めていました。
何が起きているのか、
痛みと共に怖さも出て来て少しパニックになりそうな所で
ゆっくり微笑みながらおじいちゃん先生が登場。
若いから早かったね~と優しく言ってわたしのお股に手をつっこみました。
大丈夫、頭は下にあるよ~ゆっくりいきんでみてごらんと。
先生のおかげで痛みも少なく上手に初めてのお産を終える事が出来ました。
本当に感謝です。
後から聞いたのですが、
わたしが病院についた時には子宮口がかなり開いていて、
看護師さんが触診したところ腕らしきものが子宮口から見えていたみたいで。
その時おじいちゃん先生が他の方の診察をしていて
少しの間でしたが不在でした。
その為慌てて看護師さん達が手術の準備に取り掛かろうとしていたんですね。
カイザーとは帝王切開のことだそうで、
おじいちゃん先生がもうすこし来るのが遅かったら
私はお腹を切られてしまったのでしょうか、、
と思うと危なかったです!笑

産後も傷口はそれほど痛くなく回復もとても早かったです。
そして吉田産婦人科の病院食も
毎日とっても豪華で美味しくて毎日ペロリと完食していました。
ただ産後はすぐにおっぱいが痛くなり
母乳が溜まって本当に痛かったのですが、
夜な夜な看護師さんが呼んでもいないのにコンコンと部屋にやって来てくれて、
大丈夫?とアイスノンを持ってきてくれたり、
搾乳機で上手に痛まないように搾乳してくれたり。
泣きながら痛みに耐えていると、
神の手の様にわたしの固く痛いおっぱいをマッサージしてくださり、
母乳を丁寧に出してくれて、
痛みが少しずつ和らいでいくので本当に驚きました。
検診の時からずっと診てきてくれていた少しご年配の看護師さんに、
こんな事で泣いていたらこの先お母さんなんてできないよ~と
優しく看護師さんがなだめてくれたり。
沐浴のやり方や、ゲップの出し方、おくるみの巻き方。
何から何まで子供に教える様にわたしに教えてくださいました。
病室も個室でなんの嫌な事などなく退院まで過ごさせて頂きました。
もちろんその後の発育測定も赤ちゃんの成長はもちろんですが、
わたしは産婦人科の皆さんに会いたくて
毎回わくわくしながら通っていました。
わたしは吉田産婦人科で初めてのお産ができた事を嬉しく思います。

スポンサーリンク