京都府長岡京市の近藤産婦人科-口コミ評価体験談

京都府長岡京市の近藤産婦人科-口コミ評価体験談

京都府長岡京市長岡2丁目2番32号
TEL:075-953-2000

休診日
木曜日・日曜日・祝日・土曜日の午後

診療受付時間
・午前: 8:45~12:00
・午後:14:00~16:00 ※初診の方は15:45までの受付になります。
・夜診:16:30~19:00 ※初診の方は18:30までの受付になります。

外来診療時間
・午前: 9:00~13:00 月曜日、火曜日、水曜日、金曜日、土曜日
・午後:14:30~17:00 月曜日、火曜日、水曜日、金曜日
・夜診:17:30~19:00 金曜日

面会時間
・ご家族(ご主人、ご両親、ご自分のお子様):10:00~20:00
・ご家族以外(ご兄弟、ご友人など):14:00~20:00

1人目を出産後、8年ぶりの利用です。8年前は1時間以上待つ事も当たり前で、毎回とても待ち時間が長く、上のお子さんがいる方などは特に大変そうでした。
けれど今はインターネット予約が出来るようになり、待合室で待たれている方は少人数で、家でも順番確認が出来るのようになったのでとても便利になりました。

院内も天井が高く綺麗で、広々としています。
キッズルームのようなお子様が遊べる部屋もあります。
マザークラスやヨガ教室、産後は離乳食講習やベビーマッサージ教室なども実施されているので、色々と利用したい方には助かると思います。

スポンサーリンク

先生は基本的に男性の医師1人ですが、火曜日だけ女医さんもいらっしゃるようです。
私は男性の医師の日しか行った事はありませんが、特に厳しく言われる事も無く、質問にもきちんと答えて下さり優しい先生だと思います。
私は毎回赤ちゃんの体重が平均より大きめだったのですが、特に心配になるような事を言われる訳でも無く、様子を見ていこうというようなおおらかな先生なので、心配性のお母さんには不安をかられる事も無く安心出来ると思います。
毎回お腹のエコーがあり、携帯でのビデオ撮影もOKなので、ご家族にも見せたい方は有り難いと思います。
赤ちゃんのエコー写真も毎回下さります。

金曜だけ夜間診察もあり、土曜日も空いているのでお仕事中の方にも助かるかと思います。
検診時の金額は毎回市からの補助券では足りず、プラスで払っているので、大きい病院に比べると高いのかもしれません。

今回はまだ妊娠中で出産はしていませんが、出産後は全個室で、赤ちゃんは同室にするか別室で見ていてもらうかは体調に合わせて選べます。
個室はそれ程広くはないですが、入院中の備品などもある程度用意はされています。
カンガルーケアもされているので、出産後はすぐに母乳を吸わせる事も出来ます。
8年前は、へそのをも旦那さんが切らせてもらいました。

ただ小学生以下の上の子などがいらっしゃる場合は、入院中は感染症予防の為ガラス越しでの対面のみとなる為、すぐに触れさせてあげたい場合は少し残念かもしれません。
私も本当なら上の子に出産から立ち会ってもらい見せたかった為、そこは残念な所ですが、赤ちゃんを危険に晒さない為にはしょうがないのかもしれません。

お料理も美味しく、お祝い膳はフレンチのような豪華なもので、嬉しくなりました。
同じぐらいに出産した方と一緒に食べるのですが、そこでお話して仲良くなれる事もあるかと思います。

スポンサーリンク

京都府 長岡京市 済生会京都府病院 -口コミ評価体験談

京都府 長岡京市 済生会京都府病院 -口コミ評価体験談

〒617-0814 京都府長岡京市今里南平尾8番地

TEL : 075-955-0111(代) 

FAX:075-954-8255

診療時間
初診の方    平日 午前 8:50 ~ 午前 11:00
再診の方  平日 午前 8:00 ~ 午前 11:00
                 
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

京都府の長岡京市の山手にある総合病院で、学生時代から長岡京市に住んでおり、当時生理痛がひどく、何度も授業中に貧血を起こして倒れることがあったので、その時初めて済生会京都府病院を訪れました。初めての産婦人科に緊張していましたが、女の先生が多く、看護師さんたちもまるでお母さんか近所のおばさんのように本当に気軽に話しかけてくださったので落ち着いて診察を受けることができました。そんな人たちばかりなので待合室の雰囲気もアットホームな感じで居心地は悪くなかったです。

さらに驚いたのは、診察をしてもらい先生と話している時に「生理痛がヒドイなら、生理を止めるか、早く妊娠したらいいのよ!生理を止めるのはまだ早いか~!あとは痛み止めを飲むしかないね~」とサバサバっと言われたことでした!とても驚きましたが、逆にそんなに深刻に考えることもなかったのかと安心しました。ハッキリおっしゃるので怖いようにも思いますが、私は本当のことを話してもらえる方がいいので自分には合っているのかなと感じました。それから10年後ぐらいに妊娠し、私はまた長岡京市に住むことになったので、済生会京都府病院へ妊婦検診に行きました。10年たっても雰囲気は変わらず、また先生方も同じでした。その時はまた違う先生に担当してもらったのですが、女性の方だったので安心できました。

無表情で淡々とはなす方でしたが、決して冷たい訳ではなく、聞いたことには真摯に答えて下さり、私はとても好きな先生でした。ただ、とても古くからある病院なので、検尿を取るトイレは綺麗とは言えず、何よりとても狭かったので、妊娠後期になればなる程お腹がつっかえて検尿を取るのが本当に大変でした。そして出産して入院していた時は、婦人科で入院されている方も何名かいらっしゃったので、夜中に徘徊されたり、奇声を上げる方がいらっしゃってなかなかゆっくり寝れなかったのを覚えています。でも入院中は赤ちゃんとは別々の部屋で、授乳の時間になったら赤ちゃんに会いに行くいうスタイルで、入院中の一週間ぐらいしかゆっくりできないんだから、夜中もしっかり休みなさいと言って代わりにミルクを飲ませて下さっていたので、一人目の時は赤ちゃんに会えないことが少し寂しくおもいましたが、それは後から考えるととてもありがたかったです。

二人目の時は初めから思う存分ゆっくりするぞと決めて行きました。個人の産婦人科の方が個室もあってゆっくりできて良かったのかなとも思いましたが、総合病院なので、もし赤ちゃんに何かあった時はすぐに診てもらえることが何よりもありがたかったので、私は2年後に二人目を出産する際も同じ病院も選びました。