博多もつ鍋 鉄板 お汐井–東京都 口コミ評価体験談

博多もつ鍋 鉄板 お汐井  東京都

住所:東京都渋谷区松濤1-26-2 第33イチオクビル B1F
電話番号:050-5590-8959
営業時間:18:00~02:00
定休日:不定休

渋谷の節操から少し離れた松濤にある、博多料理のお汐井さん。

東京で食べられる博多料理のお店の中ではダントツで一位に躍り出るほどのクオリティ!お汐井は2016年のオープン当初から通っていますが予約なしでは入れない程の大人気のお店になっています。

まず、お通しで牛骨を煮込んだスープが出てくるのですが、その際に入れる三つ葉かパクチーを選べます。

これがまた美味しくて、お通しなのにお代わりしたくなるくらいです!
メニューの数も豊富で、メインはもつ鍋なのですが、サイドメニューだけでも大満足のクオリティ。
もつ鍋は味噌味やノーマルなど様々な味が選べます。

オススメは味噌!コクがあって、でも重たくなくて、新鮮なぷりっぷりのモツがたっぷり入っています!!お汐井のもつ鍋は、店主の肩が博多の名店で修行し、オリジナルにアレンジされているスペシャルなモツ鍋です。
この価格帯で納得のクオリティ。
〆でチーズをいれて、もっと濃厚になったリゾットは格別です。

スポンサーリンク

お刺身やお肉のステーキなどもこだわりの仕入れ先から新鮮なものを使っていて、いつも行くたびに日替わりの特別な料理があって、飽きさせない工夫も施してあると思います。

お汐井でいつも頼むサイドメニューの中に、NOBB玉というニラ玉があります。

餓鬼レンジャーというヒップホップグループのGPさんという常連さんが考案したメニューらしく、オープン当初から大人気のメニューです。
私も大好きで必ず頼みます。

普通のニラ玉とは少し違って、豚バラ、キクラゲがふんだんに使われていて、卵はとろっとろで半熟と完熟の間の絶妙な焼き加減で、少しポン酢をかけていただきます。
博多料理でニラ玉といえば、このスタイルが有名みたいです。

お汐井で初めてNOBB玉を食べてからハマってしまい、家でも作ってしまうほど美味しかったです。
もちろん、お汐井で食べるNOBB玉には敵わないけど、それくらい衝撃的な美味しさなので、周りの友人にもよくおススメしています。

お汐井には、カウンターが12席ほど、テーブルが10席ほど、4名くらいの個室が1つあります。
いつもお客さんで賑わっている店内ですが、必ずといっていいほど有名人の方が普通にカウンターで食事をされているのにいつも驚きます。

個室が埋まっていて入れなくても、カウンターでいいからお汐井の料理を食べたいと話されていてそれ程愛されているお店なのだと感じました。

店内の雰囲気もとても良く、居心地のいいお汐井に今後もずっと通い続けたいと思います。

スポンサーリンク

原宿焼肉KINTAN–東京都渋谷区 口コミ評価体験談

原宿焼肉KINTAN  東京都渋谷区

住所:東京都渋谷区神宮前1丁目10-37
予約電話:050-5589-7326
営業時間:月~日11時30分~15時(Lo.14時30分)
定休日:年末年始

私がよく行く原宿焼肉KINTAN。
カジュアルな雰囲気且つお洒落で、
ランチは家族からカップルまで幅広い年齢層の方からも人気のお店です。
私も幼児の娘がいますが、
ディナーよりもランチは入りやすいですし、コスパがとてもいいんです!
美味しいお肉にご飯、スープ、サラダ、デザートまで付いて、
お値段、1800~2500円程!量も程よく、味はバッチリです。
KINTANに初めて訪れたのは表参道の店舗、
テレビでも話題のお店という事で予約してから行きましたが、大正解。満席でした。
雰囲気の良さや美味しさはもちろん、
ディナーはやはりお値段がはりました。
後日、「また行きたいね~」と主人と話しながら、調べてみるとランチの文字!
しかも安い!!
原宿にも店舗出来たんだ!ってことで今度は家族で原宿のKINTANへ。
表参道とはまた違った雰囲気で、階段を降り、
地下にあるのですが外観はお洒落で人もそこまで混んでませんでした。
心の中で「混まないし、これからはこちらの店舗に通うことにしよう」と思いつつ、
案内され店内へ???
まだ新しい店舗なので綺麗なのは勿論、店内も明るく、子連れで来てる方もちらほら!
ランチメニューへ目を通すと、意外にもランチメニューも充実しており、
私はKINTANのタンが大好きなのでタンも頂けるメニューをチョイス!
白いプレートに綺麗に盛られていて、とても柔らかく、噛みしめるたびに旨みが口の中に広がります。
このお値段でこのレベルのランチが頂けるなんてと主人と感動していました。
それからというもの、ママ友や親戚を何度か連れていきましたが、
コスパも良く大絶賛でした。
次回はKINTAN極上牛丼にしよう~と、早速食欲が…。
念のため予約してから行かれるのがいいと思います。
是非1度、行って頂きたいお店です。

青山ガパオ食堂–東京都渋谷区–口コミ評価体験談

青山ガパオ食堂   東京都渋谷区

%e9%9d%92%e5%b1%b1%e3%82%ac%e3%83%91%e3%82%aa%e9%a3%9f%e5%a0%82-%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%b8%8b%e8%b0%b7%e5%8c%ba

%e9%9d%92%e5%b1%b1%e3%82%ac%e3%83%91%e3%82%aa%e9%a3%9f%e5%a0%82-%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%b8%8b%e8%b0%b7%e5%8c%ba2

住所:東京都渋谷区 渋谷2-8-10 青山FMビル1F
電話:03-3797-9937
営業時間:<月~金>
       ランチ   11:30~15:00(L.O. 14:30)
       ディナー  18:00~23:30(FOOD L.O. 22:30)
     <土日祝>
       ランチ 11:30~15:00(L.O. 14:30)
       ディナー  18:00~23:30(FOOD L.O. 22:30)

青山学院大学、表参道駅を背にして、青山通りにあるクッキー屋さんを右手に見て曲がり、すぐの曲がり角を右に一本入った路地にあるのが青山ガパオ食堂です。
渋谷駅からは、宮益坂を登りきり、青山学院大学側に渡ったら、クッキー屋さんを探せばすぐ!
雰囲気のある、落ち着いた店舗内には、ガパオ食堂のティーシャツを着た店員さんが、暖かく迎えてくださいます。

ランチメニューは、ガパオ、数種類のカレー、トムヤムヌードルなどの、タイ料理です。
ガパオやカレー類は、2種3種と盛り合わせにすることができますし、トムヤムクンのスープにすることも可能。
飽きずに楽しめる、タイの味です。
ランチだと、選択やトッピング等で変わりますが、サラダ付きで大体1000円前後で食べることができます。

わたしはいつも、トムヤムヌードルをパクチー増しで頼みます。
米粉の平麺と、程よい酸味と辛味の効いたトムヤムクンを、ヌードルにしたものです。
エビもパクチーも、袋茸も入り、タイに入り浸ったことのある私としては、とても懐かしい気持ちになる場所です。(タイではトムヤムクンをほとんど食べませんでしたが、、、笑)

東京のど真ん中。
日本の普段の雑踏から少し離れて、タイの香りを楽しみに、是非訪れて見て欲しいなとおもいます。