葉菜–岐阜県関市 口コミ評価体験談

葉菜  岐阜県関市

住所:岐阜県関市小瀬1815
電話:0575-24-8712
営業時間平日:11:30~17:00
   土日祝:11:30~16:30、17:30~20:30
定休日:毎週水曜日と第四火曜日

スポンサーリンク

岐阜県関市小瀬にある葉菜は岐阜県岐阜市から移転してきた古民家を利用したお店です。
岐阜県関市小瀬という土地柄駐車場が広いが予約で一杯のことが多く駐車場も満車のことが多いです。
岐阜県関市小瀬はどのかな田園風景の広がる場所で古民家を利用した葉菜の風情に合っている場所です。
葉菜のランチは懐石風の『おりじなる』2700円か定食風の『葉菜ごはん』1620円から選びます。
懐石風の『おりじなる』はおばんざいにお吸い物、お造り、蒸し物か焼き物、油もの、汁物、ごはんにデザートがつきます。
おばんざいは旬の野菜を使ったスムージーやおひたし、あおさ入のだし巻き卵など4~5品ほど。
どれも薄味で素材の味を生かしたお料理で見た目もとても綺麗です。
『葉菜ごはん』は『おりじなる』同様おばんさいとメイン、ごはん、お味噌汁、デザートといった内容です。
メインのお皿はハンバーグ、味噌ひれかつ、ポークステーキ、
山芋グラタンが常時ある他に季節ごとのおすすめメイン料理があるようで、
冬に訪問した時には牡蠣のお鍋や牡蠣フライが選択肢にありました。
私はいつも『葉菜ごはん』を選びます。
冬のある日の『葉菜ごはん』は
まず食前のドリンクにゆずとかぼすのお茶、おばんざいに小松菜のスムージー、あおさのだし巻き卵などがつき、
メインは大きな牡蠣フライ。
牡蠣フライのメニュー名が『海のミルク』になっていたのですが
その名の通りぷっくりと大きな身からはジューシーさが溢れ出し磯の香りを存分に楽しめるフライになっていました。
牡蠣フライは3切れでしたが一つがほんとうに大粒で大満足。
味噌汁はゆずが入っていてとても爽やかな口当たりでした。
ごはんも美味しく、デザートのきびぜんざいまでしっかり楽しむことができました。
岐阜県関市を訪れる機会のある方には是非、葉菜をご予約の上お越しいただきたいと思います。

スポンサーリンク

下呂松葉–岐阜県下呂市 口コミ評価体験談

下呂松葉  岐阜県下呂市

住所:岐阜県下呂市小川230 
電話:0576-24-1717 
営業時の間:AM8:00~PM9:00 
年中無休

岐阜県の山間にある温泉下呂温泉。
その名前は聞いたことありませんか?
その温泉街は、昔ながらの懐かしい感じがします。
下呂市街から少し離れた41線沿いにある「下呂松葉」は、昔ながらの喫茶店。
「松葉」とちょっと懐かしい太文字の看板が目印。
駐車場は、十分な広さです。
下呂松葉は店内に入ると昔はガラスの向こうに食品サンプルが置いてあっただろうところには、
地元の野菜や果物が販売してあり、一瞬、道の駅??と思ってしまう感じです。
店内は思ったより広く、すべてテーブル席になってました。
下呂松葉ランチは、日替わりランチ・定番メニューにそれぞれサラダ・ドリンクバーがついています。
メインは、洋風のハンバーグや飛騨牛ステーキと多彩です。
オシャレな洋食屋さん??
と思いきや地元のB級グルメのけいちゃん定食もあったりとなかなかおもしろいです。
けいちゃんとは、鳥肉を味噌味をベースにした野菜炒めみたいなものですが、
ご飯との相性は抜群でついつい食べ過ぎてしまいます。
松葉一番のおススメなのがこのサラダバーです。
地元の野菜を取り入れた野菜と果物。珍し物は、地元産の刺身こんにゃくです。
しょうが醤油で頂くのですが、ぷるぷるで絶品でした。
何回もお替わりしちゃいました。
そして、お店で作ったシフォンケーキがとてもふわふわでおいしいです。
そんなシフョンケーキは、お持ち帰り用の商品がありました。
また、ご飯はお替わりが自由で二種類ありました。
デザートは、ケーキの他にフルーツポンチやゼリーなど無くなると次から次と出てくるので、
ちょこちょことチェックに行かないと美味しいものを逃してしまうこともあります。
友達と二人で行ったのですが、ついつい長居してしまう「下呂松葉」でした。