紀南病院(産婦人科)–和歌山県田辺市 口コミ評価体験談

紀南病院(産婦人科)  和歌山県田辺市

住所:和歌山県田辺市新庄町4670
電話:0739-22-5000
診療科目:内科・神経科・精神科・神経内科・胃腸/消化器科・
     循環器科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・
     呼吸器科・心臓血管外科・小児外科・泌尿器科・
     産婦人科・産科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・
     リハビリテーション科・歯科・歯医者・
     歯科口腔外科
受付時間:月~金 8:30~11:00
休診日:土・日・祝

和歌山県田辺市にある、
紀南病院の産婦人科にに通うことになったのは、
妊娠がきっかけでした。
なかなか生理が来ないなぁと思っていたら、軽い出血があって、
あっ生理がきたと思っていたら、
それがだらだらと一週間たっても終わらなくて
量は生理3日目くらいの出血が続いてて何となく嫌な予感がして、
妊娠検査薬使って見たら、陽性反応があり、
もしかして妊娠?でも出血してるし…
結婚して4年目で初の妊娠だったので、
検査してもらうために近所に産婦人科がなくて
どうしようかと思っていたのですが、
知り合いに田辺市ならいくつか産婦人科があると紹介してもらって、
初めての妊娠だし大きい病院のほうが安心かなと思いまして、
紀南病院へ車で30分くらいかけていくことになりました。

スポンサーリンク

病院に到着して、
予約はしてなかったんですが、診察してくれることになり、
基本的には予約したほうがいいと思います。
診察してもらったところ、
妊娠検査は陽性と出ていいるんですけどね、
赤ちゃんの入った袋が確認できないです。
やはり流産と言われました。
ショックでした。
それから半年近く経って、
また妊娠しまして紀南病院に通うことになり、
4ヶ月健診の時に、風疹の検査結果から、高い数値が出てしまい、
先生から、子どもの頃、風疹にかかった事がありますか?
もしくは予防接種はしましたか?と聞かれて、
私自身どうだったかもあまり覚えなくて、
もしかしたら風疹に今感染している可能性があるかも知れないので、
そうなるとお腹の赤ちゃんに影響が出ることもありますと言われたのですが、
その後特に発熱とか発疹とか出なかったので、
多少不安もありましたけど、大丈夫でした。
それからまた、5ヶ月健診の時にエコー写真で見ても
ちゃんと育っているのが確認できてほっとしたのを覚えてます。

紀南病院の一階の採血するところに
待合室というか診察券を通す機械があって番号札が出てくるんですけど、
いつも混んでて椅子が空いてなくて、
よく立ったまま待ってたりすることはありました。
大きい病院なので、
尿検査も状況に応じて一階でしたり二階のトイレでしたり、
産婦人科の待合所も向かい合うように
皮膚科と眼科だったかな?ありまして
、診察待ちの場所が共同でしたので、日によっては混みあってたり、
産婦人科の診察室なんですが、
内診1とか2とか色々あって診てくれる先生もそれぞれ違ったり、
最初馴れないうちは、ややこしくて分かりにくいし、
名前呼ばれてお入りくださいって言われても
どこに入ればいいのかわからないときもありました。
ドアが開いて中から助産師さんかな?
どうぞって言ってくれるときもありましたけど、
必ずしも出てきてくれるとは限らないので…
それの解決策が診察室のドアの横に
診察券の番号が予約順に出てくることに気付いたので
そこからは比較的スムーズでした。
そんなシステムがあるなら最初に教えてほしかったですが…

出産近くなってくると陣痛とか破水とか、
説明してもらっていたので起こっとき慌てないように、
家から病院までの時間のことを考えて、
できるだけ早めに来てもらったほうがいいとゆうことを言われてたので
破水しはじめ他と同時にすぐ行けました。
出産後も5日くらい入院したんですが、
新生児用ベッドの説明もしてほしかったなと思います。
特に備え付けられている赤ちゃんの異常があったら
お知らせブザーが鳴ることとか、赤ちゃん抱っこするときは、
ブザーの電源オフにするとか知らなかったので、赤ちゃんに異常はなく、
泣いたので抱っこしたときに、一度鳴らしてしまいました。
その辺りの説明を事前にしていただきたかったです。
でも紀南病院の産婦人科の先生を始め助産師さん看護師さんには
赤ちゃんの母乳の飲ませかたからおむつ交換のしかたなど
色々お世話になったので感謝してます。

スポンサーリンク

岩田病院–愛知県名古屋市 口コミ評価体験談

岩田病院  愛知県名古屋市

住所:愛知県名古屋市中村区則武1-1-11
電話:052-451-1552
診療科目:産婦人科
診療時間:午前 月~金 9:00~12:00
     午後 月水金 17:00~19:00
休診日:土・日・祝

名古屋市の岩田病院のご紹介です。
私は岩田病院にて、長男と次男を出産しました。
場所は名古屋駅から徒歩5分ほどのところで、
地下鉄で通うのがとても便利です。
以前はかなり混み合っていて長い時間待つこともありましたが、
今は時間ごとの予約システムがあり、
待ち時間がかなり短縮されています。
また二階には託児施設があり、
健診の間、上の子を無料で預けることができます。
とても助かりますよね。
また無料で
毎回の健診でのエコー動画をダウンロードすることができたり、
有料ですが4Dエコーもあります。
この病院の一番の魅力は無痛分娩を実施しているところです。
日本では無痛分娩で産む人が2%ほどだそうですが、
こちらでは6割ほどの妊婦さんが無痛分娩を選ばれているそうです。

私も長男を無痛分娩で出産しました。
私の場合は、陣痛が来て病院につくと
すでに子宮口が8割ほど開いていました。
すぐに院長先生が来て下さり、表面麻酔、硬膜外麻酔とされ、
下半身の感覚がなくなりました。
すると先生がいなくなり、助産師さんにバトンタッチされました。
私の他にも二人の方が分娩室や陣痛室におられたようで、
順番に診ていたのだと思います。
助産師さんと、立ち会いしていた主人に見守られながら
子宮口が全開になるのを待ちます。
麻酔がきいていて痛くはありませんが
圧迫されるような苦しい感じはありました。
まもなく全開になりいざ出産というときに
タイミングよく先生が戻ってきてくださりました。
テキパキとしながらもとても優しい口調で励ましてくださり、
安心してお任せすることができました。
赤ちゃんの頭が大きくなかなか出てこれなかったので、
助産師さんが馬乗りになって押してくれました。
助産師さんは「苦しいけどごめんねー!!!」と言いながら
力強く押してくださり、
赤ちゃんが無事に出てきてくれました。
助産師さんはとても頼もしかったです。
また無痛分娩では麻酔がきいているので、
産後の会陰切開や縫合も痛くないのが嬉しいです。
その経験から、次男のときも絶対無痛分娩!
とこだわっていたのですが、
陣痛が来てから進みが早すぎて、
無痛分娩の麻酔が間に合わず、自然分娩になりました。
自然分娩は感動的で達成感がありましたが、
やっぱり痛くて大変だと思いました。
間に合わなかったのは誰も悪くないのに、
看護師さんが「無痛分娩を希望していたのに間に合わなくてごめんね」
と言ってくださったのが印象的でした。

岩田病院の看護師さん、助産師さんは
患者に寄り添ってくださる方が多いのも魅力です。
次男のときは切迫流産で入院したのですが、
不安で仕方ない私の話を聞いてくれたり、
根気強く励ましてくださいました。
皆さん明るくて、
看護師さんや助産師さん同士も和気あいあいと仲が良さそうで、
明るい気持ちになれました。
退院後は健診で顔を合わせると
「赤ちゃん産んだら見に行くからね~!」と
必ず声をかけてくださいました。
産後も「長かったよね、がんばったよね、良かったね」と
みなさん一緒に喜んでくれました。
切迫流産での入院は大変だったけれど、
看護師さんや助産師さんと顔見知りになれたことはよかったなと思いました。
またこの病院のもうひとつの魅力はご飯がおいしいところです。
見た目も豪華で、食欲がわきます。
病院食という感じではありません。
和洋中色々あり、飽きません。
カレーライスなんかも出ます。
私は、お店で並ばないと食べられないような、
フルーツやベーコンなどがのったパンケーキが出たときは感動しました!
またおやつは毎日手作りのものがでます。
プリンやゼリー、パウンドケーキやクッキーなど、
素朴な味でとてもおいしいです。
もし3人目を産むときはまた岩田病院でお願いしたいと思います。

南生協病院(産婦人科)–名古屋市 口コミ評価体験談

南生協病院(産婦人科)  名古屋市

住所:愛知県名古屋市緑区南大高2-204
電話:052-625-0373
診療科目:内科 / 精神科 / 神経科 / 神経内科 / 呼吸器科 /
     消化器科 / 循環器科 / 小児科 / 外科 /
     整形外科 / 脳神経外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 /
     産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 / 血液内科 /
     腎臓内科
受付時間:午前 月~土 8:30~11:30
     午後 月水金 16:30~19:00
      (受付時間・科目毎曜日あり)
休診日:日・祝・年末年始

名古屋市緑区にある南生協病院で
妊娠時の定期検診、出産をおこないました。
病院の場所はJRの大高駅と市バスのバス停から徒歩3分くらいで
とても便利だったので特に妊娠中の体で
歩くのが大変な時でも利用しやすかったです。
南生協病院の出入口前には
タクシー乗り場があるのでタクシーも利用しやすく、
車の場合も出入口の前で一時駐車でき乗り降りがしやすかったです。
いろいろな交通手段で病院へ行けるのでとても便利でした。

南生協病院は全体的にとても綺麗で清掃が行き届いており
待合室の椅子も広くとても快適でした。
待合室の一角に
おもちゃや本などが置いてあるキッズスペースがあり
上の子どもを連れて行っても遊ばせる事ができるようになっていました。
診察は予約制なので多少は待ち時間がありますが
比較的スムーズに検診、検査を受ける事ができました。
妊娠がわかり2回目の検診の時、
個室で助産師さんと面談がありました。
その時、妊娠に関して不安な事がないか、
今後どのように検査が進みサポートしてくれるか、
気をつける点など親身に話を聞いて、いろいろ教えてくださいました。

定期検診の際もエコーや内診の後、先生や看護師さんが
疑問に思っている事や不安な事をきいてくださいました。
南生協病院では、妊娠中、検診だけでなくマタニティーヨガや
初めての出産に向けての講習会があったり、
家族に対しての講習会があったりしました。
マタニティーヨガは助産師さんが講師をしており
家でできるヨガのポーズを教えてくださったりと
気分転換になりとてもリラックスでしました。
妊婦さん同士の交流の場にもなっていました。
講習会も妊娠中に気をつける事や出産時の呼吸法、
出産に向けて準備した方がよいグッズなど
様々な事を教えてくださいました。
産後も講習会があり、赤ちゃんのお風呂の入れ方やオムツの変え方、
母乳育児の相談などあり初めての出産、育児でも安心できました。
このような講習や勉強会は妊婦にだけでなく家族にもしてくれるので、
出産に立合う時や
初めての育児でわからない事だらけのお父さんにも
とても安心でわかりやすかったです。

出産時は分娩室もとても広く、
シャワーや付き添いの人用のベットもあり
長期戦になっても快適に利用できました。
またどんな出産にしたいか事前に聞いてくださっており、
好きな音楽をかけたり、アロマを焚いたり
少しでもリラックスできるよう配慮してくださいました。
助産師さんも初めての出産で
あまりの痛みで泣き叫んでいる私を常に励まし、
腰をさすってくれたりとサポートしてくださいました。
出産後は個室で赤ちゃんとゆっくり過ごす事ができました。
赤ちゃんが母乳をどれくらい飲むことができているか
小まめにはかってくださったり、
初めての育児でわからない事など
助産師さんが親身に教えてくださいました。
また私は片方の母乳だけ血液が混じってしまっており
赤ちゃんが飲める状態でなかったので、
マッサージの仕方を教えてくださり
1週間後には血乳が改善されました。

また産後すぐに必要な物一式をくださり、
赤ちゃんの肌着も貸してくださるのでとても便利で助かりました。
出産5日後にはお祝い膳として
母乳に影響がおよばないよう配慮された豪華な食事も出ました。
お祝い膳だけでなく
食事は全体的にバランスよくとても美味しかったです。
退院後の1ヶ月検診の時には
助産師さんが覚えていてくださり声をかけてくださいました。
助産師さんは、検診時には講習やヨガをはじめ
不安な事があれば相談に乗ってくださり、
産後入院中もサポートしてくださっていたので
とても近い存在に感じる事ができました。
先生や看護師さんもとても親切でした。
出産1年後には病院主催で同じ月に産まれた子の同窓会がありました。
検診から産後まで手厚く、親身になってくださるとてもいい病院でした。
また2人目を妊娠した時は是非、南生協病院を利用したいと思います。

さくら女性クリニック–北海道千歳市 口コミ評価体験談

さくら女性クリニック  北海道千歳市

住所:北海道千歳市千代田町7-1789-3 ペウレ千歳5F
電話:0123-27-1323
診療科目:婦人科
営業時間:午前 月~土 9:00~13:00
     午後 月火木金 14:30~18:30
休診日:日・祝

北海道千歳市の千歳駅に隣接してる建物の5階にある
さくら女性クリニックです。
女性クリニックと言うだけあって男性は入れません。
外待合室も軽く仕切ってあるので
あまり人目は気にならないと思います。
さくら女性クリニックは分娩はしてないので診察がメインです。
私は前からこちらで子宮ガン検査等していただいてます。
今回は子供が欲しくて検査も兼ねて
タイミング法をしていただけると言う事だったので相談してみました。
さくら女性クリニックの先生や看護師さんは
丁寧で親切でとても相談しやすいです。
まずは最終月経や周期を伝え私が行った時は
ちょうど排卵が終わったかな?って時期でした。
最初は性感染症の検査と血液検査してもらいました。
他には卵管造影や旦那側の検査やフーナテストなどがあり、
やってもやらなくてもいいので考えといて下さいと言われました。
私の場合まず初めはタイミング法をやってみてから決めようと思い
その3つはやらない事にしました。
いつも生理周期がバラつくので
今日から基礎体温測ってくださいと言われ生理が終わったら
さくら女性クリニックにお電話下さい。と言われました。
それから毎日なるべく同じ時間に体温を図り
貰ったグラフにつけていきました。
生理が終わり連絡をすると次の予約を取ってくれました。
28日周期の人はだいたい生理後14日前後で排卵日とされてるので
その前に病院に来て欲しいので
私の場合は少し早めの10日後に来て下さいと言われました。
10日後病院に行きまずは性感染症等の検査は問題なしでした。
そして経膣エコーで卵胞の大きさをチェックし
まだ小さめだったのでまた4日後に病院に行く事になりました。
4日後尿で排卵日チェックをし
また同じく経膣エコーで卵胞チェックすると
片方はまだ小さめでもう片方は18ミリ程ありました。
すると先生がHCGと言う排卵を促す注射しましょう。
この注射を打ってからだいたい48時間以内に排卵するそうです。
ネットで調べると確実ではなく個人差はあるそうですが。
そして今日、明日とできたらタイミングとってみて下さいと言われ、
その1週間後にもう1度HCG注射しますと言われました。
これは受精卵が定着しやすいようにするものなので
体に全く影響はないので心配しないでくださいと言われました。
指示通り旦那に伝え心配だったので念のため
3日目もタイミングとらせてもらいました。
基礎体温グラフも注射を打った次の日には高温期に入り
排卵したのかな~と思ってました。
後はうまく受精してくれてたらいいなぁと毎日願ってましたね。
1週間後注射をしにさくら女性クリニックへ。
排卵したかどうかまた経膣エコーでチェックすると
左側に水が溜まってるので排卵した証拠ですよ。
と言われなんだか少しほっとしました。
でも1週間たってるしなぁと思い不安な面もありましたが
自分の体を信じるしかないなと思ってました。
HCG注射ですが地味に痛いです。
我慢できる程度ですが2回目はちょっと怖かったですが
看護師さんが話しかけてくれて和ませてくれてた気がします。
そして4月5日までに生理が来なかったら出来てますよ
と言われその日は帰宅しました。
注射した左腕が少し重く感じました。
それからは毎日今まで以上に基礎体温が気になって、
明日下がってたらとか不安になってました。
高温期に入ってから10日前後に体温が下がった日があり
次の日には少し上がったのですが、
それを見てやっぱりダメなのかなあと落ち込んでると
旦那にまだ決まった訳じゃないんだから諦めるな!
と励まされ涙したのを覚えてます。
そして高温期も20日目に突入し21日目は言われていた5日!
最初は5日まで検査薬はしないでおこうと決めてました。
今まで何回も失敗してるので。
ですが4日の午前中無性に検査薬使いたくなって
1日フライングですがやるとしっかり反応してくれたんです。
嬉しくて嬉しくて。すぐに病院に電話しました。
本当にさくら女性クリニックに感謝してます。
2人目の時ももしかしたらお世話になるかもしれません。

札幌みらいクリニック–北海道札幌市 口コミ評価体験談

札幌みらいクリニック  北海道札幌市

住所:北海道札幌市清田区平岡一条5-3-8
電話:011-885-1100
診療科目:産科 / 婦人科
診療時間:午前 月~日・祝 9:00〜12:00
     午後 月~金 14:00〜16:00
        月・水・金 17:00〜19:00

   
北海道札幌市清田区にある札幌みらいクリニックに受診しました。
車を利用しているので、公共交通機関の時間などはわかりませんが、
バス停が近くにあったと思います。

札幌みらいクリニックは個人の病院ですが
入った瞬間高級ホテルに来たような感覚にとらわれるほど綺麗で、
置かれている家具も高級感あふれるものばかりです。
各個人に診察カードに番号がかかれており
待合室にあるモニターに番号が表示され
中待合室に移動して下さいなど表示され
プライバシーも保護されて安心だと思いました。
受付の方がトイレの場所、自販機の場所など
一緒に回って丁寧に教えて下さるのでとても好感が持てます。
そちらの病院はお産に対して評判がよかったのですが、
子供は考えてなく、
卵巣肥大と生理不順とPMSの改善に来院致しました。
以前には他の病院も通っていましたが
時間のあまりない先生で不安な事などを一切話せず
一方的にお話をされるだけだったので
違う病院にしようと家の近くである
こちらの札幌みらいクリニックに受診しました。

診察してくださったのは院長先生で
お話する時はいつも笑顔でこちらが不安に思っていることを
ひとつひとつ時間をかけてお話を聞いて下さり、
とても好感の持てる先生です。
内診の時には他の病院では「器具入れますねー」とだけお話されますが、
こちらの病院ではこのような器具を入れます
とカーテンから器具だけを見せてくれます。
卵巣肥大については、
排卵前などに多少は大きくなるもののようですが
私の場合もう5年ほど大きくなりがちで経過観察をしてきています。
エコーの写真は素人からするととても見づらいものですが
卵巣をまるで囲みcmを計って頂き、
処置をしながら丁寧に説明して下さりました。
私の年齢は20代前半ですので、
水がたまり大きくなりすぎて卵巣捻転を起こさない程度であれば
保存的な治療をしていこうとの事でお話が終わり
月に一度経過観察をしています。

そしてPMS、生理不順に関しては
何度かピルを飲んだことがありましたが
体に合わずやめていた経緯なども話すと、
超低用量のピルを処方して頂きました。
院内処方で薬局に行く手間を省けました。
院内処方なので看護婦さん
(採血とかもしてくださったのでおそらく看護婦さんだと思います…)が
ピルについての注意事項や、
飲んだ事のある方からのこんな事があったよという体験談を交えて
丁寧に説明して下さりました。
札幌みらいクリニックの看護婦さんもとても優しくお
母さんのような話口調でとても、居心地がよくなります。
金額については初診料金と内診代、
ピル1ヶ月分で約1万円前後だったと記憶しております。
ピルを1ヶ月分飲みきる1週間ほどに
次回の予約をしてくださいとの事でしたが、
すぐに予定がわからずあたふたしていると
ネット予約があるから今じゃなくても大丈夫ですよとお声がけして頂き、
予約方法についても携帯をみながら操作方法を説明して下さりました。
翌月、インターネットでの予約は埋まっている日時がわかり、
空いている時間を選択し決定を押すだけととても簡単なものでした。
再度病院にいくと、
まず受付にあるタッチパネルで自分の番号を入力し、
来院しましたという事を登録します。
そしてモニターで呼ばれるのを待つだけです。
卵巣の状態は大きくなりすぎず、完全まで戻っていませんが、
心配がいらないようなのでこれも個性ですねと笑って下さいました。
卵巣の病気は10代の頃から悩みの種だったので、
ちょっと肩の荷が降りた気がします。
そしてピルを飲んでみてのお話の際、
うまく話せなかったのですが、
こんな事はなかったですか?など質問形式にして下さり
あっ!ありました!なかったですとお話していくうちに
これってどうなんだろうという疑問がでてきてもすぐに回答して下さり、
安心して診察を終えることができました。
こちらの病院は保険適用内で
3ヶ月までピルをまとめて出すことができるらしく
3ヶ月分処方して頂きました。
その際の料金も1万円程でした。
最後のお会計の際にもし薬を飲んでいて
気になる事など出てきた際には受診するか、
お電話でも下さいと言っていただき安心して帰ることができました。
そして3ヶ月後再来院した時も前述の通り受付をし、
診察へと移りました。
子宮頸がんの検査のお知らせが市より来ていたので
そちらもお願いしました。
前にも検査した事があったのですが
痛かったイメージしかなく不安でしたが、
痛くないですか?すぐ終わらせますからねと優しく声がけをして頂き、
痛い感じもなく終わりました。
卵巣の経過もまずまずで、
生理不順もPMSも減った気がしたので止める事を相談しました。
そうするとでは1度やめてみて1ヶ月様子をみてみましょう。
とのお話になりました。
本当にひとつひとつ丁寧で
いつでも笑顔でお話して下さる先生や看護婦さん達には
産婦人科という私には苦手な空間が居心地良い空間に感じました。
とても癒された気分になるので治療のためとはいい、
また通院するのが楽しみなくらいいい病院だと思います。

青葉産婦人科–北海道札幌市 口コミ評価体験談

青葉産婦人科  北海道札幌市

住所:北海道札幌市厚別区青葉町6-1-9
電話:011-893-3207
診療科目:産婦人科
診療時間:午前 月~土 8:30~12:00
     午後 月~金 13:30~17:00
        月・木 18:00~19:00
休診日:日・祝

北海道札幌市にある青葉産婦人科で出産を二度経験いたしました。
新札幌駅から病院のそばまでバスが出ており
交通弁の良さは大変満足しています。
自家用車で行くことが多かったのですが、
駐車場が少し狭いというデメリットもありましたが、
そんなことよりも青葉産婦人科の
病院関係者さん達の関りがとても患者にとって大きく
優しさで溢れる雰囲気がとても居心地が良かったです。
少し心配症な院長先生とフレンドリーな副院長先生ともに
とても親身に話を聞いてくれる病院で
看護師さんや助産師さんも気の利く良い方達でした。

次男出産時は正午位から陣痛が始まり
夕方には収まってしまい翌日促進剤を使って出産しようという事になり
夕食後睡眠導入剤でゆっくりしっかり寝て体力つけてください
と言われ就寝しましたが数時間後再び陣痛が始まり
真夜中の出産になりました。
睡眠導入剤を使用していることもあり
睡魔と痛みとの戦いでしたが
とてもスムーズな対応のおかげで4時間というスピード出産になりました。

長女の出産時は予定日より1か月早い出産でした。
自宅でおしるしがあり、
すぐ青葉産婦人科へ駆けつけ内診と腹部エコーで検査。
子宮口8センチという生まれる寸前でしたが
土曜日ということもあり、
すぐに出産してしまうと赤ちゃんの呼吸が心配ということで
陣痛を止めるウテメリン点滴をして
一週間陣痛を止めることになりました。
一週間後に生まれてこれれば37週0日で
その前に生まれてしまえば早産となり赤ちゃんは色々なリスク上
同じ青葉産婦人科で診ることができないかもしれないと言われ
不安な夜を病室で過ごしました。
陣痛を止め24時間たっても陣痛は収まることはなく、
むしろ赤ちゃんはどんどん下がってきているのがわかりました。
トイレもバルーン挿入によりベッドから降りることも許されない状況になり
ただひたすら陣痛に耐え食事も喉が通らず
ベットにしがみついて時間ばかりを計っていました。
陣痛を止めから丸二日経とうとした時
今まで感じたことのない激痛に思わずナースコールをしたところ
子宮口全開という事実に
助産師さんや院長先生も大慌てで出産準備をはじめ、
立ち合い出産を望んでいた主人にすぐ連絡をし
出産になる事を伝えすべての準備が整った5分後
待ってました―というように長女が飛び出してきました。
幸い自発呼吸は出来
大きな総合病院への搬送は真逃れましたが
体温調節がうまく出来ず
保育器の中から出ることは許させない状況と言われ
母子同室どころか授乳さえ出来ず
ただ保育器の中にいる娘を眺めることしか出来ませんでした。
私自身の身体は陣痛を丸二日耐えたという体力的消耗のみで
傷もほとんどなく順調に回復し
むしろ早く我が子を抱きしめたくて切ない気持ちでいっぱいでした。
それでも助産師さんや病棟看護師さんが手厚くフォローしてくれ、
産後3日目娘も無事保育器から出てやっと抱きしめられたのも束の間
数時間後には黄疸が出てしまい保育器へ逆戻り。
3日間の光線治療を受け
予定より1日遅れで母子ともの退院する運びになりました。

現在、次男7歳長女5歳になりましたが、
出産時若干のトラブルがあったものの
大きな病気もせずすくすく成長できているのも
青葉産婦人科の皆さんのおかげだと思いとても感謝しています。
私は、もう出産する予定がないと思われますが、
娘や息子嫁などの妊娠時には青葉産婦人科を勧めたいと思っています。
最後に、これから青葉産婦人科で出産や婦人科治療する方へ
三時のおやつは院長さんの奥様手作りのお菓子や
高級ケーキなどとてもおいしいものが出てきます。
三食のご飯もとても美味しくてお代わりしたいくらいでした。
産後最後の夕飯はお祝い膳が出てきますが
おちょこ半分の日本酒でお祝いしてくれました。
今思い出しても青葉産婦人科の皆様の優しさ・笑顔に癒されます。
いくら感謝しても感謝しきれないほどです。

JA北海道厚生連帯広厚生病院(産婦人科)–北海道帯広市 口コミ評価体験談

JA北海道厚生連帯広厚生病院(産婦人科)  北海道帯広市

住所:北海道帯広市西六条南8-1
電話:0155-24-4161
診療科目:内科 / 精神科 / 神経内科 / 呼吸器科 / 消化器科 /
     循環器科 / 小児科 / 外科 / 整形外科 / 形成外科 /
     脳神経外科 / 心臓血管外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 /
     産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 / 血液内科
受付時間:午前 月~金 8:00~11:00
     午後 月 13:30~14:30 
        火水金 13:30~15:30 
        木 12:30~15:00 
       (受付時間・科目毎時間・曜日あり・一部予約制)
休診日:土・日・祝

1人目の出産のため利用しました。
帯広厚生病院は、十勝で一番大きな総合病院であるため、
赤ちゃんや母体になにかあったときに、
スムーズに処置してもらえると思い選びました。
帯広駅にも近く、家のある音更町からは車で30分ほどでした。
妊婦検診は担当制で曜日が決まっていて、
同じ先生に診てもらうシステムでした。
ただ、ちょうど転勤の時期が重なり、
出産までに3人の医師に診てもらいました。
どの先生も親切で優しかったので安心しました。
 
お産は、破水から始まったため真夜中の1時に電話し、
即入院しました。
本陣痛開始まではそれから23時間かかり、
次の日の午前3時に無事出産できました。
入院してから、本陣痛が本格的に始まるまでは、
6人部屋で待っていました。耐えられない陣痛が始まったら、
陣痛室に移動するから言ってくださいとのことで、
初産だったのでどれくらいで助産師さんを呼んだらいいかわからず、
呼んだ頃には破水したもので入院着がぐしょぐしょになっていしまい、
陣痛室に移った後、
クーラーでそれが冷えて着替えるまで寒くて大変でした。
初めから陣痛室にいたかったなあとは思いますが、
お産がかなり多い時期だったようなので
しょうがないかなと思います。
私の隣のベッドの人は、
破水してからいい陣痛が来なくて子宮口も開かなかったようで、
破水から2日目に帝王切開したそうです。
もう一日待つかと医師に言われたが、
陣痛を起こす薬でかなり苦しんだようで、
もう切ってくれと頼み込んで帝王切開してもらったと言っていました。
帯広市内の他の個人病院でお産した友達は、
人工的に陣痛を起こしてもなかなか良い陣痛にならず、
破水から3日目に吸引分娩をして産道も傷ついて、
帝王切開して欲しかったと嘆いていました。
私は幸い自然分娩できましたが、
万が一難産になった場合、厚生病院は、個人の病院と違って
自分のところで帝王切開をすぐ実施できるから、
良かったんじゃないかなと思いました。
 
帯広厚生病院は若い助産師さんが大勢いましたが、
皆親切で、熱心に授乳や赤ちゃんのことを教えてくれました。
バースプランも忠実に実施してくれました。
私は、お産の時に実母に写真を撮ってもらいたいというのと、
胎盤を見たいと書きました。
写真が趣味の母は、お産直後の赤ちゃんや、
陣痛で苦しんでいる時の様子など、
後で見て懐かしめる写真をたくさん撮ってくれました。
7月の暑い時期で、
6人部屋はそれぞれカーテンで仕切っているから
熱がこもってしまって結構暑く感じました。
私は出血が多く、お産直後は尿道カテーテルも留置し、
ベッドから動けないような状態でしたが、
助産師さんが氷枕を持ってきてくれたりと気を使ってくれて、
うれしかったです。
お産がとても多い時期だったようで、
授乳室も重なると入れないくらいになっていましたが、
そのわちゃわちゃ感は今ではいい思い出で、
いろんなお母さん、赤ちゃんを見ることができて楽しかったです。
帯広厚生病院は、新しい建物を建てているところで、
新しい病院に移ったら暑い6人部屋や
わちゃわちゃする授乳室(笑)は改善されるのかもしれません。
ご飯は、個人病院のように高級なものは出ませんでしたが、
白米の量が多く充分美味しく頂きました。
お産から4日目にお祝い膳なるものも出て、うれしかったです。
最後に母体の入院費用ですが、41万円程度となり、
健康保険から出る出産一時金の42万円以内に収まったため、
むしろプラスとなったくらいで家計に嬉しい驚きでした。
個人病院では50万円以上かかったと思います。
赤ちゃんの入院費用の方も保険や乳幼児等医療費受給者証の対象となり、
ミルク代のみとのことで、5000円ほどですみました。

江別市立病院(産婦人科)–北海道江別市 口コミ評価体験談

江別市立病院(産婦人科) 北海道江別市

住所:北海道江別市若草町6
電話:011-382-5151
診療科目:内科 / 精神科 / 呼吸器科 / 消化器科 / 循環器科 /
     小児科 / 外科 / 整形外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 /
     産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 /
     リハビリテーション科 / 麻酔科 /呼吸器内科/
     消化器内科/循環器内科/乳腺外科/糖尿病内科
受付時間:午前 月~金 8:00 – 11:30
     午後 月~金 12:30 – 15:30
休診日:土・日・祝

北海道の江別市立病院の産婦人科で出産しました。
先生、看護師、特に助産師さんは本当に親切で
皆さん親身になって対応してくれました。
妊娠中に妊娠糖尿病になったので、内科にも通院でき、
さらに、赤ちゃんに何かあった時にも
小児科が入っていて情報を共有できる
総合病院での出産は私にとってとても心強かったです。

私は破水して病院に行ったので、
緊張と不安の中入院の手続きなどをしました。
けれど、江別市立病院はLDR室での出産ということと、
運よくその日はお産が入っていなかったので、
すぐにLDR室に入ることができ、
緊張も解け、リラックスできました。
LDR室というのは、
できるだけ家庭的な雰囲気でお産ができるよう工夫された部屋のことで、
陣痛、分娩、回復までをその部屋ですることができます。
部屋には、テレビ、ソファー、冷蔵庫、バスルームもあり、
本当に家にいるような感覚で、
病院ということを忘れてしまいそうになるほどでした。
その日は陣痛もくることなく、
翌日、陣痛促進剤を投与して、無事出産しました。
陣痛の間も、助産師さんは腰をさすってくれたり、
励ましてくれて、本当に心強かったです。
出産後もそのまま2時間ほどLDR室で休むことができ、
赤ちゃんを抱っこしたり、主人と会話したりして過ごしました。
病棟に移り、その日はゆっくりと休むことに専念するため、
赤ちゃんは預けて、翌日から母子同室で過ごしました。
今まで赤ちゃんと触れ合う機会がなかったので、
泣いてしまうとどうしてよいかわからず、
おろおろしていました。そのことを助産師さんに言うと、
「おむつが汚れていないか、
おなかが空いていないか、
抱っこして欲しいのか、順番に試してみてごらん。
最初はわからないのは当たり前だよ。
大丈夫、赤ちゃんは泣くのが仕事っていうでしょ。」
と言ってくれ、とても安心しました。
初めてうんちをした時も、黒い色でびっくりして、
どうしてよいかわからず、
ナースコールをして助産師さんを呼んでしまいましたが、
笑って、どのように拭いたら良いのかを丁寧に教えてくれました。
なかなかうまく授乳できない、
と相談すると、おっぱいのぬいぐるみを持ってきて、
説明してくれたり、授乳のコツを何度も丁寧に教えてくれました。

江別市立病院の産科の病棟は3交代のようで、
朝、夕方、夜と担当助産師さんが変わるのですが、
必ず挨拶に来てくれ、引き継ぎもしっかりされているようで、
朝に相談したことも夕方、夜に確認してくれるため、
担当の方が変わっても全く心配なかったです。
今まで、通院などで他の病院に通ったことはありますが、
入院は初めての経験でしたが、こんなに誰に当たっても
良い気持ちで対応してくれる病院は多くはないと思います。
特に出産は初めての経験だったので、不安なことが多く、
質問することや、ナースコールで呼ぶ事も多くありました。
けれど、皆さん親身に私が理解するまで対応してくれ、
本当に江別市立病院で出産してよかったと思いました。

退院する際も
先生、看護師、お世話になった助産師さんがお見送りをしてくれ、
嬉しかったです。
見舞客の親戚が多かったこともあり、
有料の個室に入院し、寝具も借りたのですが、
入院費用も出産育児一時金から出ることなく、
おつりがくるくらいでした。
退院後は2週間後に経過を見るため、病院に行くと、
担当してくれた助産師さんが赤ちゃんの検診はもちろんですが、
私の生活の様子、不安なことはないか、など色々話を聞いてくれ、
私も家族以外の人と話す機会もなかったので、
とてもリフレッシュできました。
妊娠から出産までお世話になって、
スタッフの皆さんの親切さ、丁寧さにはいつも救われていました。
不安な気持ちも、たった一言で吹き飛んでしまうくらい
優しい言葉をかけていただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、子供ができたら、
ぜひ江別市立病院の産婦人科にお世話になりたいです。

平山惠子産婦人科小児科クリニック–東京都世田谷区 口コミ評価体験談

平山惠子産婦人科小児科クリニック  東京都世田谷区

住所:東京都世田谷区奥沢6-3-7 サンプラザ田園調布2F
電話:03-5758-3653
診療科目:小児科 / 産婦人科
診療時間:午前 月火水金土 9:00~12:00
     午後 月 15:00~20:00 
        火水金 15:00~18:00
休診日:木・日・祝

妊娠検査薬で陽性が出てから、インターネットで病院を探し、
家が近くて女医さんであるという理由から、
30週まで平山惠子産婦人科小児科クリニックに通っておりました。
大井町線、九品仏の駅から徒歩5分くらいで
平山惠子産婦人科小児科クリニックは、
先生だけでなく受付の方、看護師さん、全てが女性の病院です。

こちらの平山惠子産婦人科小児科クリニックさんは
産科はなく、妊婦健診のみ行ってました。
こちらの病院はとにかく混んでおりました。
予約制ではなかったので、
平日でも午前でも午後でも、2時間待ち2時間半待ちは当たり前でした。
土曜日はそれ以上に混んでおりました。
幸い私は近くに住んでいたため、
一旦予約をしてから家に帰るようにしておりました。
そして途中で順番を電話で確認し、
自分の順番になったらまた病院に行くという形をとっておりました。
たまに、順番が思いの外早くなりそうなときは
ちゃんと病院の方から連絡をくれました。
でも家から遠い人は、周りにカフェやデパートなどがないので、
時間を潰すには少し大変だと思いました。
待合室はとても綺麗なので
小説等を持ってのんびり待っている方もたくさんおりました。
小児科クリニックとなっておりましたが、
子供はそれほど多くないので、
ガヤガヤうるさいと言う感じでもありません。
また、薬だけの場合は、すぐに用意をしてくれる場合もあります。
しかし、場所もそんなに便利なところでもないのに、
すごく混んでいるのにはちゃんとした理由があるなぁと思いました。
こちらの平山惠子産婦人科小児科クリニックの先生は、
すごく忙しい中、説明をすごく丁寧にしてくれる女医さんであること。
あまり神経質な感じの先生ではないので、
初めての妊婦健診でしたが、あまり不安になることなく、
まぁ大丈夫かなーと言う気持ちを持つことが出来、
気持ちよく通院する事が出来ました。
めちゃくちゃ混んでても、
質問をするとすごく丁寧に答えてくれました。
エコーもいつもすごく丁寧に見てくれて、
エコーで赤ちゃんの顔をみるときの先生の笑顔に更に信頼を覚えました。
また看護師の皆さんも、とっても親切で、
笑い話をして不安を和らげてくれたり、
親身になって相談に乗ってくれたり、
自分の体験談を話してくれたり…と
患者さんにすごく寄り添ってくれる病院の方達でした。
妊婦健診に行くのが毎回楽しみになりました。
ただひとつ不満を言うとすれば、
受付の方もみんな良い方だったのですが
1人だけすごく対応が悪い方がいたことです。
態度も悪いし、声も小さくて何言ってるのか分からない…。
初めて妊婦健診で色々不安に思っている中で訪れたときに、
この方の対応がすごく悪くて、
この病院にはもう来たくないと思いました。
(ただ他の人の対応がすごく良かったのと、
また他の病院を探すのは大変だったので、
このまま通院を決めました)
大きい病院ではない分、とてもアットホームな病院でした。
妊婦健診な料金ですが、
1度にかかった金額は、妊婦健診の補助券プラス6000円くらいでした。
血液検査があると、もう少し高い時もありました。
一番高かったのは、最初の補助券がないときで1万円超えました。
他の病院に比べると少し高いと思います。
ただ、それも最初の妊婦検診の時に、
うちの病院は他のところよりも少し高いと思いますと
しっかり説明されておりました。
ちゃんと教えてくれていたので金額面は納得して通えました。
その後、無事に里帰り出産をし、
この病院に通う事はなくなりました。
でも、もし2人目を妊娠した際は、
もう一度こちらの病院に通いたいなと思いました。
妊婦健診は何度も通わなくてはいけないので
気持ちよく通える病院が一番だと思いました。
混みすぎるのと予約がとれない事が難点ですが…。

西市民病院–兵庫県神戸市 口コミ評価体験談

西市民病院  兵庫県神戸市

住所:兵庫県神戸市長田区一番町2-4
電話:078-576-5251
診療科目:内科 / 精神科 / 神経科 / 神経内科 / 呼吸器科 /
     消化器科 / 循環器科 / 小児科 / 外科 /
     整形外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 産婦人科 /
     眼科 / 耳鼻咽喉科 / 歯科口腔外科 / 血液内科 /
     腎臓内科 / 内分泌科
受付時間: 月~金 8:45~11:45
      (受付時間・科目毎に曜日・時間あり)
休診日:土・日・祝

兵庫県神戸市長田区の西市民病院です。
子供二人ともそこで出産しました。
最初は須磨の方の個人病院で診察しましたが、
前置胎盤になるかもと言われ不安になり
西市民病院でも診てもらった結果、
まったく問題もなく、大丈夫ですよと言ってもらい安心しました。
そしてこのときから西市民病院に転院することにしました。

そして予定日を過ぎたのに出てくる気配もなく、促進剤を。
でも初産ということもあり、なかなか陣痛がおこらず、
明日から連休になるのでいったん退院。
そしてまた促進剤を予定していた前日に自然陣痛きました。
これから時間がかかると覚悟していましたが、
病院に着いて二時間後くらいから本格的な陣痛。
そして1時間後には子宮も全開になり、すぐに分娩室へ。
そこから10分後ほどで出産しました。
ですが、一人目は出産後、
詳しく検査するためにこども病院にすぐに転院になり、
私だけ5日間の入院でした。
その間、搾乳した母乳を主人がこども病院へ運び、
私も子どもと接することもできずさみしい思いをしてるとき
看護師さんが写真を数枚撮ってくれ
渡してくれたのがすごくうれしかったです。
幸い子供も今すぐに治療する状態でもなく、
私が西市民病院を退院する日と同時に退院。

心雑音で急遽検査をして、
こども病院へ転院させてくれた対応の速さに
今でも感謝しております。

2人目はだいぶ期間が開いていたので、
一人目の時に見てもらった先生も変わってました。
ですが、対応は昔とかわらず
看護師さんも親切でとても良くしてくれました。
2人目も予定日を過ぎ、促進剤を使った出産でした。
二回目でも促進剤を使うことに不安はありましたが、
先生も2人目だから
一人目の時のように時間かかることはないよと言われ、
その言葉を信じて決断しました。

そして入院の日、朝から入院し、10時くらいから促進剤開始。
朝から緊張してましたが
助産師さんも何度も様子を見に来てくれので、安心できました。
そして、割と早く陣痛も起こり、
昼すぎから本格的に本陣痛につながりました。
分娩室に運ばれたので、もうすぐかと思いきや、
まだ子宮口は7センチ。。。
まだかかる言われ気が遠くなりましたが、
その5分後くらいにはすぐ10センチに。
だんだん呼吸がしにくくなって、
酸素マスクをつけられました。
赤ちゃんに酸素を送るために、
大きく呼吸するように言われました、
なかなかうまくできず。

そして途中、赤ちゃんが苦しそうだから、
早く出してあげるため、
次の陣痛で先生がにおなかを押す処置。
これが想像よりもすごく苦しかったですが、
一回で無事に出産。
助産師さんも常に様子を見てくれてたので、
素早い対応で感謝しています。
そして一人目の時には体験できなかった母子同室。
体調がすぐれないときは無理せずに、預かってもらえたので、
助かりました。
母乳がまだちゃんとでなくて、
マッサージも自分ではいたくてできませんでした、
痛くて夜も眠れずにいたら、
看護師さんがマッサージしてくれたり、
冷やしてくれたりしてなんとかおさまりました。
母乳がこんなに大変だとはおもいませんでした。
一人目はすぐにこども病院ではなれたのもあり、
母乳が足りなくてほぼミルクだったので。
ですが一人目ではできなかった経験が
最後の出産でできたので、よかったです!
退院する日、とりあげてくれた助産師さんが
病院のエレベーターまでお見送りしてくれました。
本当にうれしかったです。
2人目は平日だったせいもあったのか、
出産手当金の範囲内で済みました!
2人とも出産後の形は違いましたが、
スピード出産、安産で、そして子供たちも元気に育っており、
これが一番です。
出産は何度目だろうが、何が起こるかわからないと思いました。